一覧に戻る

リトルストーリー
2014.03.12

「梅の世界」〜花を観にいく編

umetop-500x375

私は、子どもの頃からとびきり梅が好きでした。
梅干しや梅ジュース、市販のカリカリ梅。
梅とつけば、なんでも好んで食べる癖もありました。

梅は素晴らしい実であることはもちろんなのですが
その花も美しく、2~3月にかけて全国の梅林では「梅まつり」が行われています。

私も先日、そろそろシーズンがやってきた!と梅の花を観にいきました。
場所は、奈良の梅の名所「月ヶ瀬梅林」。
奈良市の中心部から車を1時間ほど走らせると、月ヶ瀬の里があります。
月ヶ瀬の中央には川が流れていて、V字の渓谷になっています。
それだけでも絶景なのですが、観梅のシーズンになると谷に植わっているたくさんの梅が花を咲かせ、山がほんのり色づきます。
花と、山や水辺の景色も堪能できる壮大なスケールの梅林です。

umekeikoku
まだ山全体が開花しているわけではなく、一部花が咲いてきたくらいの時期でしたが
山の中でパッと咲いている白い梅の花を観ることができました。

梅の花の付き方は、桜のようなボリュームのある派手な感じではなくて、
ポツポツと各々の花が魅せる感じです。
その余白のある控えめな様子が、私は好きです。
丸い花びらとかっこいい枝ぶりも素敵な梅のフォルム。

なかなか趣のある花だと思うので
現代のミュージシャンの方には「桜」だけでなく
「梅」にもストーリーを添えてどんどん歌っていただきたい。

 

umehachi
もぞもぞと花に入っていく蜂を発見。
この人がいないと実ができないので、せっせとがんばってほしい。と切に願います。

春のおとずれを感じさせる野の花にも出会いました。
ooinu

道中には、梅まつりと書かれたピンクののぼりが立ち
手作りの梅のお土産ものたちが並びます。
梅干しをはじめ、梅ジャムや梅みそ、盆梅も販売しています。
ほとんどのお店で試食ができるので、私にとってはまさに梅パラダイス。
塩漬けの梅干しと、「月ヶ瀬漬け」というしその葉で巻かれた梅の砂糖漬けを購入しました。

月ヶ瀬漬けは子どもの頃にこの地で試食して
その甘さ、しそのいい香りに、こんなの食べたことないと興奮したことを
今でも覚えています。

今回一緒に連れて来た娘が、手づかみでバクバク月ヶ瀬漬けを食べているのを見て
ああ遺伝子よ、と心の中でつぶやきました。

月ヶ瀬梅林の今年の見頃は、来週あたりのようです。
花を観に、実を食しに、いかがでしょうか。
(ハットリ)
umelast


その他の記事

Category

一覧に戻る