一覧に戻る

リトルストーリー
2015.12.25

冷えとりさんの靴選び

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いまの季節、足先の冷えが気になりますね。
靴下を重ね履きし、下半身をあたためることによって
体質を改善する「冷えとり健康法」がここ数年注目されています。

 

冷えとり靴としてよく重宝されるのがサボ
わたしたちのお店でも冷えとりのお客様が多くいらっしゃいます。
靴選びに悩まれる方も多く、お問合せもよくいただきますので
今回はサイズ選びのヒントをひとつお伝えしたいと思います。
NAOTの靴は足のかかとからつま先までの長さを基準にフィッティングをするのが常。
横幅や甲の高さが気になる方には
気持ちよく履いていただけるよう革の調整のご相談もお受けしています。

 

冷えとりさんの靴下の重ね履き枚数は4枚がスタンダード。
多い方は10枚近くも履いている方もいらっしゃるとか。
当然 足のサイズは通常サイズと変わってきます。
どの程度サイズが大きくなるのか、実際に4枚冷えとり靴下を履いて
試してみました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

結果は、通常のサイズから2~3サイズもupするわけではなく、足のかかとからつま先の長さは1サイズupする程度。
(普段37サイズのシューズを履いているお客様であれば、概ね38サイズ)
横幅や甲の高さは大きくなる為、そこは事前に革の調整をしたり
靴下を1~2枚から徐々に枚数を増やして徐々に革を馴染ませることによって
ピッタリと履いていただける靴になります。

 

横幅や甲の高さに合わせて大きめサイズを選んでしまうと、
履きこんで革が馴染んできたときに、必要以上にゆとりがでてしまい、
歩きにくくなる可能性があります。

 

もちろんお客様の足の形や靴下の厚み、枚数によってはサイズ選びに違いが出てくる事も
ありますので、お気軽にご相談ください。
せっかくの健康法、靴も足にやさしいものを選んで、
元気にあたたかく過ごしたいですね。

(オクグチ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


その他の記事

Category

一覧に戻る