一覧に戻る

リトルストーリー
2016.08.21

笑顔でまたね!

 
4月に東京から奈良へ引っ越してきて、
そのときから漠然と思っていたことがある。
 
それは岡山にいるおじいちゃん、おばあちゃんに会いにいくこと。
最後に会ったのは、大学時代になるから
もう6年ほど経つ。
思い切って、夏休みのはじめに会いにいくことに。
 
IMG_1080s
 
久しぶりに会ったおじいちゃんはぽかーんとしていて、
私を見ながら「誰だったかな?」
それもそのはず、会っていない期間が長かったし
おじいちゃんは認知症とつきあいながら過ごしているから。
それでも何となく孫であろうことは、わかったみたい。
 
何だか大好きなおじいちゃんの顔を見ているだけで
胸がいっぱいになってしまい、少し泣きそうになった。
私のこと、わからなくても、元気でいてくれることが嬉しい。
 
おばあちゃんはまだまだしっかりしていた。
時折とぼけたことを言うおじいちゃんをツッコミながら、
最近どうしているの、と私に聞いてくれる。
 
「ここでの毎日は楽しい?」って聞くと
「午前中は体操とかやることがけっこうあるけど、午後はぼーっとしとるよ」
「二人でおしゃべりとかしてるの?」
「いいや、何も話すことはないから、ようしゃべらん」
きっとたくさんの時間を二人で過ごしてきたから、
話さなくてもお互いにわかってるんだろうな。
 
お昼前に帰ることにする。
すると足の悪いおじいちゃんが出口まで来てくれて、
ニコニコしながら見送ってくれた。
 
その混じりけのない笑顔に、心が温かくなる。
「来てくれて、ありがとう」という気持ちが伝わってきた。
私もおじいちゃんに負けないくらいの笑顔で手を振った。
 
私がここに来たことは、すぐに忘れてしまうのかもしれない。
でも、楽しい時間を過ごしたっていうことがおじいちゃんの
心の片隅に残っていればいいな。
 
どうか、どうか、長生きしますように。
「また、会いに行くね」と心から思った夏のひとときだった。
 
IMG_1082s
 
kimura
  (木村)


その他の記事

Category

一覧に戻る