一覧に戻る

リトルストーリー
2017.03.04

心地よく履くために。 〜 革調整について 〜

TOP_kawatyoseia
 
“靴下を重ね履きしていて、かかとまで足が入らない”
 
“甲周りが高く、幅周りも広くて、強い圧迫感を感じてしまう”
 
“骨の部分に当たって痛い”
  
みなさんは、こんな経験ありませんか?
 
 
革靴の醍醐味は「履いて、育てること」
 
まだ自分の足に馴染んでいなくて
ちょっぴり違和感を感じた新しい靴も
多くの時間をいっしょに過ごすことで
まるでカラダの一部のように馴染んでいきます。
 
 
だけど、履きならすのが大変なときは
器具を使って、革を広げる「革調整」ができます。
*指の骨が当たるなど、ピンポイントの革調整も可能です。
 
 
もちろん、基本的には「履いて、育てる」ものなので
この革調整はあくまで「お手伝い」
だけど、この少しのお手伝いで楽に履いていただくことが出来るのです。
 
 
靴下を4枚、重ね履きしてみました!
 
IMG_3415a
 
このようにインソールに足をのせると
つま先に十分なゆとりがあることが分かります。
 
 
でも実際に履いてみると…
 
IMG_3405
 
ギュウギュウ。
履き口で足が止まって、かかとが出てしまいます。
 
 
幅・甲周りをグッと広げる革調整をしました。
 
IMG_3408

 
かかとまで、しっかりと入ってジャストフィット!!
 
 
IMG_3398
 
左が新品、右が調整後の状態。
見た目にもゆとりが出ていることが分かりますよね。
 
こうやって革調整をした上で、ゆっくりと履き慣らして
足の個性を靴に伝えていきます。
 
私たちの願いは「NAOTの靴を心地よく、たくさん履いてほしい」ということ。
そのためには無理せず「ゆっくり育てる」ことがとても大切です。
 
革調整は、NAOT直営店・NAOT JAPANオフィシャルサイト オンラインショップ、
またご購入後も承っています!
こちらより、足を採寸いただき、その結果を元に、サイズや革調整のご提案をさせていただきます。
ぜひお気軽にご相談くださいね。
 
 

ゆきちゃん
 (神谷)


その他の記事

Category

一覧に戻る