一覧に戻る

リトルストーリー
2018.03.15

Let’s チャレンジNAOT!


 
日々過ごしていて、思いがけない選択をするときってありますよね。
きっかけは誰かの一言や、偶然の出会いだったり・・
 
それは靴選びも同じ。
デザインやカラーなど、今回は私たちがチャレンジしたNAOTをご紹介します!
みなさんにとって靴選びの幅が広がる、そんなきっかけになりましたら嬉しいです。
 
 
▽今回の座談会メンバーに聞く「最近したチャレンジは?」

kimura 岩崎

ラジオ体操はじめて1ヶ月!

爽やかな朝をつづけたい

ゆきちゃん

神谷

マイボトルを持ち歩いて

節約がんばるぞ!

hiro 脇阪
趣味だったお菓子作りを再開♪
クッキーやマフィン焼いてます
kimura 木村
本格的に辛い四川料理に挑戦
山椒の辛さがたまりません!

 
 

脇阪
私のチャレンジはKEDMA Grey Shimmer!実は最初見たときは選択肢にないな〜と思っていたんです。

 

 

木村
それはGrey Shimmerの色味が?

 

脇阪
そうですね。KEDMAの新色として登場したときに、合わせるのが難しそうって感じたんです。少し光沢もあるし主張するなって。
でもある日、いつも来てくださるお客様がめっちゃ格好良く履かれていたんです!もうこれは買うしかないなって(笑)

 

神谷
私もKEDMA Grey Shimmerを持ってるけど、合わせやすいよ!グレーの靴、特にスニーカーって考えると実は昔からよく履いていたなって。その感覚で合わせてみると、意外と使いやすいんですよ。

 
木村
なるほど!表面に凹凸がある革ですが、お手入れはどうしてますか?

 

KEDMA Grey Shimmer
 

脇阪
実はそんなにしてなくて、普段はブラシでほこりを払うくらいなんです。あとはたまにスエード用のスプレーをしています。

 

岩崎
お手入れしていて、ポロポロと落ちてきたりしませんか?

 

神谷
私はメタリックレザー用のクリームでお手入れしているんですが、その時に表面のキラキラがついたり、剥がれたりということはないですよ。

 

岩崎
それを聞いて、安心しました。それと革がとても柔らかいですよね!以前、ご年配の方と20代の方が同じ日にたまたま選ばれたことがあって。お二人とも見た目の格好良い感じと、革の柔らかさのギャップを気に入ってくださったんです。

 

脇阪
嬉しい〜。私はいつもふわっとしたゆるめの格好が多いんですけど、足元はきちんとしめたいなっていう気持ちがあって。Grey Shimmerは洋服の雰囲気に馴染みつつ、それを叶えてくれるから、ほんとうに重宝しています!

 

 

脇阪
岩崎さんのチャレンジはどれ?

 

岩崎
私は意外にも定番のIRISなんです!

 

 

神谷
IRISはいつ頃買ったの?

 

岩崎
半年くらい前です。実は初めてNAOTを買うタイミングでIRISを試着したんですが、何となくピンと来なくて。
休みの日は一日中歩くことも多いので、もう少しフィット感がある方がいいなって感じて、その時は結局DANIELAにしたんです。

 

木村
入社前からDANIELAは、履き込んでたよね。

 

岩崎
そうそう。NAOTで働きだしたら、IRISはスタッフ全員が持っているし、お客様の注目度も高くて!
みんながこれだけ良いっていうんだから、何かしら理由あるんだろうなと思ったんです。それでチャレンジの気持ちで買ってみたんですけど、今ほっっんまに便利で!

 

脇阪
そうでしょ〜。

 

岩崎
お客様が「ついこればっかり履いちゃうのよ〜」っておっしゃる気持ちがよくわかるようになりました。
ちょっと気合いを入れた格好をして街歩きする日でも、意外と相性がいいんです。

 

IRIS Oily Dune Nubuk
 

木村
サボは履いてみるとその便利さが、本当にわかるよね!

 

岩崎
そうなの。半年くらい履いているので馴染んできたんですけど、より自分の足に合うようになりました。

 

神谷
中敷きが沈み込んで、自分の足の形に合うようになったのかな?

 

岩崎
そうかもしれません、私の足は土踏まずのアーチがしっかりしてるので。

 

脇阪
最近だと珍しいね。

 

岩崎
小さい頃は裸足で木登りとかして遊んでたんです。それでアーチが作られたのかも。

 

木村
インソールを見てみると、土踏まずの部分には跡がついてないね!

 


 

岩崎
ほんとだ!今ではつま先とかかと部分が沈み込んで、私みたいな土踏まずの急カーブにも合うようになって(笑)
同じサイズの誰かのサボを履いてもすぐ違うなって分かるんですよ。そういう時に、足裏も人によって全然違うことを実感します。

 

神谷
インソールが柔らかいNAOTならではだよね。色もチャレンジしたの?

 

岩崎
色は全く迷いませんでしたね!サボならOily Dune Nubukって決めていたので。

 

脇阪
岩崎さんはDANIELA Chestnutも持ってるけど、Chesnutと色味の系統が似ているから、好きだと思うな。

 

岩崎
そうそう!Oily Dune Nubukはマットな質感だからまた違う良さもあるんです。さりげなく革とステッチの色を揃えてくれているところもポイントです。

 

 

木村
少し色が濃くなってきたね。

 

岩崎
今がいい具合なので、このまま上手くキープしたくて。今はあんまり手をかけてないんです。

 

脇阪
革がめっちゃきれいだね!

 

岩崎
そうでしょ〜。雨が降りそうな日は絶対に履かないようにするくらい、過保護に育ててます。

 

神谷
そんなん気にしたことないわ(笑)一番ハードに使ったのはいつ?

 

 

岩崎
お正月に実家で餅つきをした時です。餅粉が飛んでくるから、ほんとはお気に入りの靴を履きたくなかったんですけど、中と外の出入りがあるから苦渋の選択でね・・

 

木村
餅つきがハードって、やっぱり過保護!

 

岩崎
お、神谷さんはサンダルですね。

 

神谷
NAOTの中で一番サンダルが好きなんです。私が入社したころ、スタッフでサンダルを履いている人は少なくて。私自身、靴であんまり悩んだことがないんですけれど、実はサンダルでは何度か失敗したことがあるんです。

 

 

木村
サンダルは素足で履くから靴下とかで調整できない分、自分の足に合うのを見つけるのが難しいですよね。

 

神谷
そうなんです。ヒールが高いサンダルは前に滑るから小さめを買って、指が飛び出てしまったり。
ぺたんこのフラットタイプを履いていたら、めっちゃ歩くと足裏が痛くなって疲れるとか。なかなか自分に合うサンダルを見つけられなかったんです。

 

岩崎
NAOTではじめて買ったサンダルはどれですか?

 

神谷
KAYLAですね。軽くて歩きやすい、その履き心地に感動しました。それから一昨年はSABRINAを。当時めっちゃかわいいけど、靴底がKAYLAに比べたら薄いですし、大丈夫かなっていう不安があったんですよね。

 

木村
でもチャレンジしてみたんですね?

 

神谷
はい。新作だし思い切って買ってみようと思って!で、その時ちょうど婚活をしてて(笑)白いワンピースを着て奈良を1日案内する機会があったんです。で、靴これやん〜!と思って。

 

SABRINA Beige
 

脇阪
夏の恋か〜!上品なデザインですから、デートにはぴったりですよね。

 

神谷
その日は東大寺からNAOTのあるならまち界隈まで、とにかく歩き回ったんです。汗だくでめっちゃ疲れたなと思ってたんですが、家に着いたとき、足はまだ元気だって気付いたんです。よく見たら中敷きがすごく馴染んでて、これのおかげだと思いました。

 

木村
フラットなサンダルとはいえ、中敷きもしっかり厚みがありますからね。

 

神谷
これが歩く時に足裏をグッと支えてくれるから、こんなに疲れないサンダルってあるんだなってほんとに思います。

 

 

岩崎
NAOTの靴は、素足で履くのが一番気持ちがいいですよね!

 

神谷
素足だとふかふかのインソールと直に触れるからね。SABRINAのおかげで、インソールの良さを再確認しました。

 

脇阪
足首もゴム入りのストラップでしっかり留まるから、足が泳ぐ心配もありませんしね。

 

神谷
よく見ると、かかとがしっかりホールドされる構造や、ベルトの裏側にクッションが入っていたりと、細かいところにこだわりが感じられるんですよね。それ以降、みなさんにめっちゃくちゃ勧めてます!

 

 

神谷
私は暑いのが苦手なんですが、夏は好きでワクワクするんです。
やっぱりなるべく涼しく過ごしたくて、足元は絶対サンダルで。足を解放できるサンダルは最高だなって思います!SABRINAはとてもコンパクトなので、旅行に持って行くにもぴったりです。

 

岩崎
サンダルの新作も楽しみ〜!

 

神谷
木村さんは?

 

木村
私のチャレンジはDANIELA Rumbaなんですが、最近Rumbaカラーのことを言い過ぎてる気がして・・。またか〜って方がいらっしゃったら、申し訳ないです(笑)

 

 

脇阪
でも最初はWalnutにするつもりだったよね?

 

木村
そもそも茶色の革が好きで、バッグも靴も茶色を選んでいて。迷わずWalnutを買っていたら、神谷さんが「木村さんはRumbaやで!」って。
「お会計も済んだんですけど。」って少し抵抗したものの「いいから履いてみ!」って乗せられまして(笑)

 

神谷
そうやったね。履いてみたら「いい!似合ってる!」ってみんなで盛り上がったよね。

 

木村
それで私もまんざらではない気持ちになって、結局Rumbaに変えたんです。

 

 

木村
当時はRumbaを履いているスタッフはいなかったので、思い切った選択でしたよ。
お客様が履いている姿をみて、素敵だなと思うことはあったんですが、まさか自分が履くとは思ってもみなかったです。でもよく考えたら洋服では赤も着るし、持ち物にピンクが多くて、履いたらすんなりと受け入れてました(笑)今となっては積極的におすすめするくらい。

 

岩崎
赤い靴下とよく合わせているよね。

 

木村
そうなんです、赤に注目してもらいたいからその面積を増やそうと思って!
実際お店で履いていると、こういう風に履けばいいんだって参考にしていただいています。中にはおそろいねって選んでくださる方もいて、嬉しくて!赤を履いている方とは、仲間意識みたいなのも芽生えてます。

 

DANIELA Rumba
 

神谷
赤い靴って女の人からしたら、特別な気分になるよね。

 

木村
身につけると元気が湧いてくる感じがありますよ。あと今日はたくさん歩くなって日に、一番頼りにしている靴でもあります。

 

岩崎
なによりDANIELAは歩きやすいよね!

 

木村
旅行にはマストです。ちょっと暑い国に行く時も、とりあえずDANIELAは持って行って、サンダルを履いていく感じです。これがあれば、なにかあっても大丈夫って思えるんですよね。

 

脇阪
また履きジワが入ると、こなれた感じが出て雰囲気も変わるよね。

 

木村
そうそう。シワの入り方も人それぞれなのですが、私は左の方が深く入ることが多くて。
というのも、お店で左足をついて接客しているからだと思うんです。それも靴屋さんらしくていいなって感じてます。

 

 
神谷
人から似合うって言われる色って、自分では思ってもみない色だったりするよね。
自分では普通って思っている格好でも、めっちゃいいやん!と言われることもあるし。だから人の意見も取り入れてみるのもいいんちゃうかなって思うな。

 

木村
だんだん歳を重ねると、自分にはこれって決めてしまう部分もありますよね。人の意見を受け入れてみることで、新鮮な気持ちになれます。

 

神谷
木村さんは赤い靴で開花した気がするよ。

 

木村
ふふ。おかげさまでパワーアップしてます!
お店だったら色んなスタッフの話が聞けるから、それによる発見もあると思うので、ぜひトライしてみてほしいです。私自身チャレンジしてみて後悔した靴はないですし。

 

神谷
それはやっぱりNAOTだからでしょ〜。

 

岩崎
みなさんにもデザインやカラーを、どんどんチャレンジしてみてもらえたら嬉しいな。

 


その他の記事

Category

一覧に戻る