リトルストーリー
2018.07.18

NAOTの靴底図鑑 〜WISDOM編〜

 
普段はなかなか注目することのない靴底。
そんな靴底の形をじっくり見てみよう!という靴底図鑑シリーズ。
NAOTには様々な形の靴底があり、それぞれに特徴があります。
今回は初めてメンズの靴底をご紹介します。
 
《これまでの靴底図鑑》
DANIELA編
ATLANTIC編
REKA編

 

 
メンズの靴底は2種類あります。
そのうちのひとつが、こちら。
すっきりとしたデザインが人気のWISDOMの靴底です。
こちらの靴底には、どんな特徴があるのか早速ご覧いただきましょう。
 

 
なんと靴底の裏は「世界地図」の模様!
初めて靴を手にとっていただいた方に、ついついお伝えしたくなってしまうポイントです。
履いているときは見えない部分…
でもそんな見えない細部にまで実はこだわって作られているって、なんだか少し嬉しいですよね。
「日本はきっとこの辺りですよ〜」なんて話でお客様と盛り上がることも。
もし靴を手に取る機会がありましたら、ぜひチェックしてみてください!
 

 
靴底は適度な厚みと硬さがあり、地面からの衝撃を和らげてくれるので、たくさん歩く方にも安心。
 

 
もちろんインソールはふかふかと気持ちよく、とても優しい履き心地です。
 
「たくさん歩いても疲れにくいから、仕事用に活躍してくれています。」という嬉しいお声をいただいたり、「楽だからつい履きすぎちゃって…」と修理靴を預けるついでにもう一足買いに来てくれるお客様もいらっしゃったりして、WISDOMの魅力をお客様から改めて気づかされる瞬間もあります。
 
休日のお出かけから仕事まで、普段の日常で活躍してくれる強い味方ですね。
 
インソールもたくさん履いて傷んでしまったら、自宅で簡単に交換することができます。
※WISDOMのインソールを交換する場合は、こちらから購入いただけます。
 

 

 
さらに靴底の修理ができる、というのもWISDOMの良いところ。
靴底がすり減ってしまっても、ラバーを継ぎ足す修理が可能です!
修理の目安は、地面から1cmほどすり減ってきたら、継ぎ足しのタイミング。
 
靴底全てを新品に取り替えるオールソール交換はできないのですが、かかとや前底部分のすり減りも修理できるので、気になる場合はお気軽にご相談ください。
 

 
WISDOMは足先が細長く、ゆとりがしっかりととれるデザインなので、普段履かれている靴のサイズだと少し大きく感じることがあるかもしれません。
もしサイズ選びで不安なことがありましたら、こちらからご相談くださいね。
 

 
WISDOMと同じ靴底はDIRECTORBARONPILOTなど他にも種類があります。
ぜひ店頭やオンラインショップでチェックしていただけたら嬉しいです。
 
 

いかがでしたか?
WISDOMの靴底の魅力が伝わりましたでしょうか。
男性の皆様の靴選びの参考にしていただけましたら幸いです。

 

 
 
 
 
 
 
maki
   (牧)


その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop