ノート
2016.12.28

旅がはじまるとき

旅が終わるとき、
また何かはじまる気がした。
それを期待して旅を終わらそうと思った。
受動的ではなく能動的に。

不安と期待はいつも背中あわせ。
それでも、最後には希望だけを持つ。
一年の終わりには、来年の希望だけにしようと思う。

宮川(あ)


アーカイブ

pagetop