ノート

NAOT TOKYO5年目

2018.04.21

NAOT TOKYOが蔵前にできて
もう5年目を迎える。
 
 
奈良から発信していたNAOTの靴だったが
当時東京店を出すのはかなりの冒険だったし
期待というか不安しかなかった。
 
 
東京店を開ける前日に書いた日記。
スカイツリーみて高揚感と不安のなか、
寝た夜はいまでも覚えている。
 
 

————-

昨日は、東京で泊まっている
ゲストハウスで
夜の1時までしゃべった。
だらだらと恋の話しを。
日常は平凡じゃなく恋だ。
恋ができることは
平和なことだ。

世界は平和で美しい。
せめて自分の周りでは
そうありたい。

イチローは言ったよ。
準備が大事だって。
そんなことは知ってるよ。
カレーライスが好きなことも知ってるよ。

もう準備は完了している。
もうすぐ
オープンだ。

—————
 
 

オープンしてお客さんが来なかったら
もう奈良に戻ろうって弱気になってた。
だから、だから今でも覚えているのは・・・。
 
 

オープンのときに扉を開けたら何人かお客さんが、
この雑居ビルの3Fの扉の前で並んでくれていて、
奈良で出会ったお客さんが何人も顔を出してくれたこと。
泣きそうになったよ。
奈良と東京って遠くに感じるけど、繋がっていたんだ。
 
 

点と点は必ず線になる。
NAOT TOKYOの冒険は、5年目が始まる。