リトルストーリー
2018.05.01

Lesson #38 NAOTの靴底図鑑 〜REKA編〜

 

 
 
NAOTの靴底には様々な種類があるのをご存知でしたか?
普段の生活で靴底はあまり注目しない部分かもしれません。
NAOTの靴底には、歩きやすさの秘密がたくさん詰まっているのです。
 
これまで、DANIELAの靴底ATLANTICの靴底の特徴をご紹介してきました。
靴底の種類によって靴に足を入れたときの感覚も違いますよね。
NAOTの靴には、これまでご紹介した靴底以外にも種類があります。
 

 
今回ご紹介するのはREKAの靴底。
実はCHIというショートブーツやMATAIにも同じ靴底を使用しています。
どんな特徴があるのかお伝えしていきますね。
 
 
 
 

 
REKAの靴底の一番の特徴。
それは軽くてやわらかな素材を使っていて歩きやすいところ。
強く踏み込んだときも、靴底がしっかりと足についてきてくれます。
つま先がしなやかに曲がると、蹴り出す力が地面にしっかりと伝わり足運びがスムーズ!
足に余計な負荷をかけることなく、たくさん歩いても疲れにくいのです。
 

 
さらに、この足先の靴底のデザインにも注目ください。
足先がすっきりと見える絶妙なフォルム。
このフォルムが足元を軽やかに美しく見せてくれるポイントなのです。
REKAはきちんとした印象も与えてくれ、フォーマルな場面でも活躍すること間違いなし!
 

 
少しかしこまった服装の時はBlackで足元の雰囲気を引き締めて。
靴下の柄や色で遊びたい時はGreyでカジュアルに…
靴下や靴の色合わせで、違った雰囲気を楽しめます。
REKAの履き心地を気に入って色違いで2足愛用しているスタッフもいますよ。
 

 
また、靴底の形が親指あたりから少し上向きになっていることによって、足先に程よいゆとりができ、足を前に踏み出しやすくなっているのです。
 

 
最後に実は知られていない、この靴底のデザイン。
この靴底全体にくるんとしたシダの葉っぱ模様が全面に施されています。
なかなか見ないので、初めて靴底を見たお客様から「珍しい〜」と言っていただくことも。
柔らかい地面の上をこの靴で歩くと、ついつい自分の足跡を確認したくなります。
 


 
ちなみにREKA以外で同じ靴底を使用しているMATAIとCHI。
どちらの甲の部分に靴底のデザインにあわせたクルンとした渦巻き模様が入っています。
 

 
見た目のおしゃれさももちろんですが、それ以上に履きやすい!と
履き心地を気に入って2足買いするファンやリピーターさんも。
 

 
このシリーズはは靴底全体を新品にするオールソール交換はできないのですが、かかとや前底の継ぎ足し修理は可能です。
たくさん履いて靴底がすり減ってしまった場合は、お気軽にご相談くださいね。
 


 
 
いかがでしたか?
REKAの靴底シリーズの魅力、伝わりましたでしょうか?
軽やかにたくさん歩いてお出かけしたい方にはぴったりですよ!
ぜひ靴選びの参考にしていただけましたら幸いです。

 
 
 
 
 

maki
   (牧)


その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop