リトルストーリー
2019.02.28

ポケットにカメラを。– 何度でも –


 
ふと思い立ったら、気軽に行ける。
私にとっての台湾は、地理的な距離はもちろん、心の距離もグンと近い。
 

 
訪れるのは今回で2度目。
初めての時は、何を食べても美味しくて、「次は何を食べようか?」と目を輝かせていたことを思い出す。
 
今回も食い倒れはもちろんのこと。
道に迷っていたら、サッと話しかけてくれる親切な人柄も、相変わらずで嬉しい。
バイクで子どもの送り迎えをしたり、公園で釣りをしたり、夜中にジョギングしたり、夜市で遊んだり。
その暮らしっぷりから伝わる、飾らない素顔にほっとする。
 


 
あちらこちらで見かける動物たち。
懐いてくれて、狭い路地を道案内してくれたワンコにも感謝。
 


 
旅先ではどこかしら緊張感があるものだけれど、台湾にはそれが全くない。
温かさに包まれて、いつの間にかゆるんでいる。
懐かしさにキュンとする。
 

 
またこれから、何度でも訪れたい。


その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop