リトルストーリー
2019.05.28

[Lesson]#53 足タイプ別に履いてみました-SVETLANA編-

日々フィッティングでお客様の足を拝見していると「ほんとに人それぞれ、足のタイプがあるんだなぁ」と、改めて実感します。
「横幅が広めなんだけどスッと履ける靴はある?」「甲が薄いんだけどこの靴は履けるかな?」といったお声もよくいただきます。もちろん、足の形に合わせてこっちの靴の方がオススメかも、というお話をさせていただく場合もありますが、基本的には「履く人が履きたい靴」を「足の長さ」を元に提案しています。
 
では、足の特徴が違っても、同じデザインの靴を心地よく履けるのはナゼか?
その疑問にお答えするべく、足タイプが異なるNAOTスタッフ3人が、前回のIRIS編DANIELA編OLGA編に続き、今回はサンダルのSVETLANAを履き比べてみました。ぜひ、靴選びの参考にしていただけると嬉しいです。

 
 
01.甲高スタッフ 奥口の場合

 

日本人の足は幅広・甲高タイプが多いというイメージがありますよね。
甲が高めの奥口、NAOTのスタッフになるまでは、気に入ったデザインの靴を見つけても、いざ履いてみると甲辺りで足がつっかえてしまって足が入らず、諦めてしまうという場面が多かったそう。
そんな彼女がSVETLANAサイズ37を履いてみるとどうなるのか……。

 

△ストラップはベルクロテープで調整ができるので圧迫感なく履けます
 


革調整しなくてもどこも痛くない!
 

これまでの履き比べシリーズではサボ(IRIS)でも靴(DANIELAOLGA)でも革調整が必要だった奥口。
SVETLANAは足首周りだけでなく甲周りもベルクロテープ仕様で、自分の足幅に合わせられるので、革調整しなくても大丈夫でした。

 
 
 
02.幅広スタッフ 上野の場合

 
以前は、靴は見た目で選んでいたという上野。デザイン重視で選んでいたため、足が痛くなっても、靴ってそんなものなのかな、と思っていたそう。
NAOTのスタッフになって、みんなの足と比べてみて初めて、自分の足は幅が広くて甲はぺったんこだということを認識。
そんな彼女がSVETLANAサイズ36を履いてみるとどうなるのか……。

 

△横幅がキュッとなって痛みを感じることが多いけれど、SVETLANAは足幅に合わせて調整できるから安心

 

△全然痛くな〜い!

 
新品の靴だと幅周りにキュッとした圧迫感があり、器具を使って幅を広げることが多い彼女。足首周りのストラップが調整できる靴はよくみかけるけれど、甲の部分までベルクロテープ仕様で調整できるのは、幅広さんにとって魅力的な一足。甲高スタッフ奥口と同じくSVETLANAは革調整なしで履けました!

 
 
 

03.甲低幅狭スタッフ 脇阪の場合

 
ほっそり足だと靴選びに困らないでしょ、と思われがちですが、ヒールが高めの靴を履くと前滑りしたり、履き口の広い靴だとかかとがパカパカして歩きづらいなど、それなりに苦労がつきもの。
自分の足が甲低幅狭だと気づくまでは、パカパカしないサイズで選んでいたため、結果、足の長さに合っておらず、指がキュッと縮こまった状態で過ごしていたことに。そりゃ痛いはずです。
そんな彼女がSVETLANAサイズ37を履いてみるとどうなるのか……。

 


△ベルクロテープ仕様なので、パカパカしがちな甲&足首周りのストラップもピタッと締められます

 


△かかと部分にクッション性があるので、開放感のあるデザインのわりにはフィット感が高め!
 


△こちらは2年愛用しているSVETLANA。経年して馴染んでも、かかとがパカッと浮く心配もありません。靴下との相性も良いので冷え性の方にもオススメのサンダルです

 

サンダルは開放感のあるデザインが主流なので、甲低幅狭だとなかなかピッタリフィットで履ける一足が見つけにくいなか、SVETLANAは微調整の効くストラップなので、ピタッとした履き心地を堪能。靴下とのコーディネートも楽しく、春先から秋口まで長いシーズン履ける頼れるサンダルです。

 
 
 

いかがでしたでしょうか。
今回、3人が履き比べをしたSVETLANAは、どの足のタイプでも革調整しなくても違和感なく履けるという結果に。オールマイティーさを改めて実感した一足でした。
NAOTでは、今回ご紹介したSVETLANAのほかにも、甲&足首部分のストラップをベルクロテープで調整できるCYPRESSをはじめ、サンダルもたくさん揃えてますよ。

 
フィッィングや採寸結果を元に、それぞれの足に合わせて快適に履いていただけるよう、必要であれば調整をする。NAOTでのサイズ選びはもしかしたら、これまで履き続けていた靴のサイズより、小さくなったり大きくなったりするかもしれません。
ぜひ一度、NAOTの靴に足入れをしてみてください。より安心して履いていただけるよう、私たちもお手伝いさせていただけたら嬉しいです!

 
 


 
※これまでの記事については<LESSON>シリーズ別インデックスをぜひご参照ください!

 


 編集:脇阪
 

#靴選びシリーズ


その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop