リトルストーリー
2019.11.27

[スタッフコラム]実験してみよう12 〜箱の中身はなんだろNAOT?〜


 
NAOTの靴に関する気になることをなんでもやってみよう!とチャレンジするシリーズ「実験してみよう」。今回はスタッフ三浦からのお題にチャレンジ!
 
今回の検証テーマは…「靴は、触るだけで特徴がわかるのか?」
 
NAOT歴の異なる3人のスタッフに、手の感触だけをヒントに箱の中身を当てる「箱の中身はなんだろな?」クイズに挑戦してもらいます!挑戦者は、辻村(左)、廣庭(中央)、服部(右)の3名。
 

△例題にチャレンジ中の廣庭。「これはわかるでしょ!」と自信たっぷりです。
 
三浦「今回のルールは2つです。
①制限時間は10秒!
②答えと一緒に、その理由も述べよ!
また、靴はWomen’s/Men’sどちらが出てくるかわかりませんよ!」
 
服部「10秒という短い時間で、どれだけちゃんと触れるかがカギやな…。」
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
初めの挑戦者は…ルーキー枠!
今年からアルバイトとしてNAOTの一員になってくれた、辻村です!
 
三浦「では、早速いきますよ~。よーい、スタート!」
 

△おそるおそる靴に触る辻村。10秒は短い!
 
辻村「えっ、うわ〜!わかんない!」
 
三浦「3・2・1、終了~!!」
 
短い時間で特徴を絞り切るのに苦戦した様子の辻村。
では、答えをお聞かせください!
 
辻村「LEVANTOかな…?」
 
三浦「お!それは、なぜでしょう?」
 

 
辻村「革がやらかくて、紐靴で、先が尖ってて、ヒールの部分がちょっとあったから…そうかなって思いました!」
 
結果は…。正解!!
1問目から、一同拍手の大盛り上がりです。
 
服部「すごい!でも、意外とわからないもんなんやな。ちなみに、他にどの靴と迷った?」
 
辻村「KEDMAですね。紐とつま先の形でその二つに絞り込めたんですが、最後に丈の長さで迷いました。重さを判断してる時間とかは、全くなかったです。つま先の形がわかるまでに、3秒ぐらいかかってしまったので。」
 
服部「時間配分がかなり大事やな、覚悟しないと!」
 

△幸先よい滑り出し。辻村、やったね!
 
 
お次は若手のホープ、廣庭が挑戦者です。
 
三浦「第2問は、ちょっと難しいかもしれません!」
 
廣庭「え〜怖い…。精神統一、ふう〜。」
 
深呼吸で、心の準備を整えます。それでは、よーいスタート!
 
 

 
廣庭「えっ、えっ!なにこれ!ちょっと待って〜!」
 
3、2、1…終了〜!
自信をもてない様子の廣庭ですが…答えをどうぞ!
 
廣庭「うーん、EIGER。」
 
三浦「なるほど!どうしてそう思いましたか?」
 
廣庭「靴底の触感と、履き口の横にあるゴムが決めてですかね…。初めに靴底を触ったら、ウィメンズには無い感じのざらざらした靴底なので、一瞬パニックになりました。もしかしたら、靴底に特徴があるBOBCATかなと思ったんですけど、ゴムがある!って気がついて。そのあと履き口やアッパーの部分で、どうやらメンズっぽいぞとわかってきて、つま先の形で絞り込みました!」
 

 
果たして正解は?
ドコドコ…どん!
 
 
正解です!!
 
廣庭「よかった〜!!かなり不安でした!」
 
難題クリアです。おめでとうございます!
 

△廣庭、安堵の笑顔。EIGERも心なしか嬉しそうに見えてきます。
 
 
最後は頼れるベテラン、服部の出番です。
第3問のお題では、靴の形だけでなく、革のカラーまで当てていただきます!!
 

 
服部「色も!?ということは、それが可能な靴、ということやな…。」
 
三浦「そういうことになります。ひとつに絞り切る明確な手がかりがあるはずです。」
 
服部「どういう手がかりやろう?不安やわ〜」
 
では、参ります。よーいスタート!
 
服部「え~!ちょちょ、ちょっと待って〜!」
 

△パニックになる服部。楽しそう!
 
服部「はいはい、あ~!わかったかも!」
 
10秒の間に、革の質感まで感じ取ることができた様子!果たして、正解となるか?
 
服部「わかったけど、自信ないなあ…。2択に絞れてるんやけど、最後はカン。愛用の方で行きます。IRISの、Crazy Horseカラー!」
 
 
ドコドコドコドコ……どん!
正解です!!
 

△(左)Crazy Horseカラー (右)Oily Dune Nubukカラー
 
服部「やったー! すぐにIRISだってことはわかったけど、同じ”オイルドレザー”のOily Dune Nubukカラーとかなり迷った!だってこの2色、触り心地はほとんど一緒やんなあ。」
 
三浦「絶対、Oily Dune Nubukと迷うだろうなと思ってました!そこに『明確な手がかり』と言っていたのが、ベルトのステッチ。この縫い目、基本的にCrazy Horseのほうには無いものなんです。」
 
服部「あ、ほんまや!革の色の手がかりって言われてたから、めちゃくちゃ深読みしてたなあ。Inkカラーだったら表面にシボがあって特徴のある触り心地やし。いやー、よかった!」
 

△長年Crazy Horseカラーを愛用している服部。お見事!
 
結果、全員正解!
10秒という短い時間でも、正解にたどり着くことが出来ました。
毎日のように靴の魅力を言葉にしてきたNAOTスタッフには、簡単だったかもしれませんね!
NAOTの靴は、それぞれ特徴がはっきりしているので、触ってみるとわかることがたくさん。
10秒と言わず、ゆっくりとお手にとって魅力を確かめてみてださいね。
 
 

 
 
 
 

バックナンバーはこちら▽
実験してみよう1 〜サンダル×靴下の合わせ方〜
実験してみよう2 〜サボで若草山も登れちゃう!?〜
実験してみよう3 〜革靴を丸ごと洗ってみる〜
実験してみよう4 〜目隠しで、靴当てクイズ〜
実験してみよう5 〜靴の早履き競争〜
実験してみよう6〜靴音の聞きくらべ〜
実験してみよう7 〜インソールの代わりを探せ!〜
実験してみよう8 〜防水スプレーのお手並み拝見〜
実験してみよう9〜OLGA VS ド派手靴下〜
実験してみよう10〜NAOTの靴、磨くとどこまで光るの?〜
実験してみよう11〜お手入でRumbaカラーを濃く育てる〜


その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop