NAOTマガジン
  • Magazine>
  • >
  • 実験してみよう15 色で遊んでみた! -前編-
2020.04.17

実験してみよう15 色で遊んでみた! -前編-


 
NAOTの靴に関する気になることをなんでもやってみよう!とチャレンジするシリーズ「実験してみよう」。
今回は東京店からスタッフ大津、奈良店からスタッフ上野が実験してみます!
 
NAOTの靴の楽しみ方のポイントの1つ、「経年変化」。
履き込むほどに柔らかく革の質感が変わることも魅力ですが、
革色の変化もそれぞれの履き主の個性が出る楽しいポイントの1つです!
また革色はお手入れによっても変化します。
 
そこで今回は、スタッフが自分の履いている靴を使い、普段とはちょっと違った方法で色にまつわる実験をしてみます!
 
 
Luggage Brownカラーの靴に、赤色足してみた!

 
まずは、東京店の大津の実験。
KEDMA Luggage Brownカラーに赤みの強い、補色兼保湿クリームを塗っていきます。
あくまでもお手入れクリームなので、他のクリームで事前に保湿する必要もなく、とても楽ちんです!
 

 
こちらがすでに2年ほど履いているKEDMA。柔らかく足に沿ってくれて歩きやすいんです。
ローテーションしながら履いた方がいいとは思いながらも、一時期ずーっと履いていました。
実はすでに以前、1,2度赤いクリームを塗っています。
最近は塗っていなかったのですが、またさらに赤いクリームを塗り重ねたらどんな結果になるのでしょうか?
 
早速塗っていきます!
 
 

使うのは、「M.モウブレィシュークリーム レッドブラウン」(私物)。
実はもう少し赤みが欲しいな〜と思い、以前買ってからすでに1,2回塗っています。
このクリームを塗るためにクリーム用ブラシを買いました。細かいところも簡単に塗ることができます!
 

 

これが1回目
 

寄ってみた。
 

2回目 おお…?
 

変わって…る?いや…。
 

近くで見てみよう…。写真左が新品で、右が塗っている方です。
 

3回目 うん。
 

 
正直に言いますね…塗り重ねる回数は見た目にあまり関係ないです!
でも…!新品と比べると結構違います。
特に肉眼で見ると、深みと赤みが確かに足されているんです…涙
つ、伝われ〜〜!
 
日向で見たらよくわかるかな…?ということで外で見てみると…。
 

 

お分かりいただけるだろうか…。
日向だとLuggage Brownカラーは黄味が強めに見えますが、赤いクリームを足した方はより赤みが強く見えます。
 
実物を見たい方は東京店にありますので、また営業再開しましたらぜひ店頭でお確かめください…!

 

 
実験としては分かりにくい結果となってしまいましたが、個人的には大満足です!
わずかでも確かに色味は加わっています。写真越しだと伝わりにくいのだけが、惜しいのですが…。
私のように「もうすこ〜しだけ、赤みが欲しいんだけど…」という方は試してみてくださいね!
赤くなりすぎて失敗!とはなりません。
 
 
 

 
 

 
 
バックナンバーはこちら▽
実験してみよう1 〜サンダル×靴下の合わせ方〜
実験してみよう2 〜サボで若草山も登れちゃう!?〜
実験してみよう3 〜革靴を丸ごと洗ってみる〜
実験してみよう4 〜目隠しで、靴当てクイズ〜
実験してみよう5 〜靴の早履き競争〜
実験してみよう6 〜靴音の聞きくらべ〜
実験してみよう7 〜インソールの代わりを探せ!〜
実験してみよう8 〜防水スプレーのお手並み拝見〜
実験してみよう9 〜OLGA VS ド派手靴下〜
実験してみよう10 〜NAOTの靴、磨くとどこまで光るの?〜
実験してみよう11 〜お手入でRumbaカラーを濃く育てる〜
実験してみよう12 〜箱の中身はなんだろNAOT?〜
実験してみよう13 〜色んな紐で結んでみる〜
実験してみよう14 〜NAOTで全力疾走〜
 


その他の記事

戻る

pagetop