NAOTマガジン
  • Magazine>
  • >
  • はじめてのNAOT-お手入れ編-
2020.06.14

はじめてのNAOT-お手入れ編-

 
 

 
こんにちは、NAOTスタッフの廣庭です。
まいどありがとうございます。
 
全3回に渡って、NAOTを履いてみたい!というみなさまに向けて、NAOTの靴にまつわるあれこれをお伝えしてきたこちらの記事。
いよいよ最終回になってしまいました…。
さて最終回は、みなさんが気になる、こんなご質問にお答えしますよ。
 

 
『お手入れって必要なの?』とのご質問です。
素朴な質問、いいですね。
初めて革靴にチャレンジしたはいいけれど、お手入れってなんだかよくわからないですよね〜。
そんなあなたのために今回は、NAOTの靴と楽しく付き合うためのお手入れについてお話ししていきますよ!
 
 
ところでみなさん、革靴のお手入れって、どんなイメージがありますか?
「面倒くさそう…。」
「やり方がわからない…。」
そんなふうに思われる方も多いのではないでしょうか。
 
たしかに、革靴のお手入れって奥が深くて、たくさん手間をかけることもできます。
でもNAOTの靴は、日々の生活のなかで、気軽に楽しんで履いていただきたい!という思いから、お手入れも気楽にできる方法をおすすめしているんです。
パパッと簡単なお手入れでも、十分に素敵に育ってくれますよ♪
 
まず、おすすめのお手入れの頻度は、月に1回くらい。
そして、私たちがお手入れで大切にしているポイントは、この二つ。
 
ポイント① 汚れを落とす
 
靴は知らず知らずのうちに、砂やホコリで汚れているもの。
とくに、履きジワや、革とソールの間の溝など、細かいところほど、汚れが詰まりがちです。
そんな汚れを落とすために、ブラシを使って、靴全体をブラッシングしてあげましょう!
細かい汚れが落ちると、とっても気持ちいいですよ。
 
日々のお手入れは、このブラッシングだけで済ませているスタッフも多いですよ。
汚れなどが気になるときに、好きなタイミングでブラッシングしてOKです!
 
ポイント② 保湿する
 
NAOTの革靴はすべて牛革の天然皮革でつくられています。
そのため、過度に乾燥するとひび割れてしまいます。
乾燥によるトラブルを防ぐために、革に適度な潤いを与えてあげるケアが必要です!
革靴を買ったら、革靴用の保湿クリームをひとつ持っておきましょう。
 
ではここからは、実践しながらお伝えしていきますよ〜!
今回は、NAOTの中でも最も多い、スムースレザー(表面がツルツルとなめらかな革のこと)を例にお手入れしていきます。
 

 

用意するもの
 
用意するのは、馬毛ブラシと、革用トリートメントのラナパー
今回使用している馬毛ブラシは柔らかな毛質が特徴で、スムースレザーに適しています。
スエードやヌバックなどの起毛している革のお手入れには、より硬くコシのある豚毛ブラシがおすすめです。
ラナパーは、ホホバオイルやミツロウなど、天然成分たっぷりの革用保湿クリームです。
革靴だけでなく、お財布やバッグ、ソファなど、革製品全般に使用できる優れものです!
 
ブラッシングする
まずはじめに、靴についた汚れをブラシで落としていきます。
 

 

 
保湿する
次に、革を保湿してくれるクリームを塗っていきます。
今回使用しているラナパーは、NAOTスタッフの愛用率No.1の保湿クリーム。
スポンジに軽くとって、ササッと塗るだけでしっかりと潤います。
革に自然なツヤが出るだけでなく、油分のおかげで撥水効果もあるため、日々のお手入れにピッタリなんです!
 

 
基本のお手入れは、たったの2ステップ。
意外と、簡単でしょ!
この基本のお手入れを、月に1回程度を目安に行うのがおすすめ。
これくらいの頻度でじゅうぶん、革の保湿ができます。
 
さらに、汚れ落としや革用の防水スプレーを持っておくとバッチリです。
 

 
左:ユニバーサルレザーローション
右:栄養・防水スプレー
 
 
また、起毛しているスエードやヌバックのお手入れについては、こちらの記事をご覧くださいね!
▶︎▶︎スエード・ヌバック革のお手入れについて
 
 
 
ここまでお手入れ方法についてお伝えしてきましたが、なによりも大切なのは、“靴への愛情”。
すこし傷が入ったって、それがかえって“味”になってくれるもの。
大切な自分だけの靴、ぜひ時々のお手入れで労ってあげてくださいね〜!
 
ご不明な点は、スタッフまでお気軽にご相談くださいね!
 

▷またまた元気いっぱいなNAOTスタッフのみなさん。
 
いかがでしたか?
親しみやすさバツグンのNAOTの靴で、ぜひたのしく革靴デビューしてくださいね♪
 
さて、そろそろお別れの時間ですね…。
ここまでお付き合いくださったみなさま、ありがとうございました!
…ワァッ、お花まで!ありがとうございます!
 

▶︎思わず、涙。このお花は自分で用意したことは内緒です。
 
 
それではみなさま、またお会いしましょう〜!
ごきげんよう♪
 
 
前回までの記事はこちら▶︎▶︎
 
第1回目:はじめてのNAOT-革靴デビュー編-
第2回目:はじめてのNAOT-靴選び編-
 
 
編集:廣庭


その他の記事

戻る

pagetop