NAOTマガジン
  • Magazine>
  • >
  • アウトドアでも、NAOTを履いていく?
2020.07.19

アウトドアでも、NAOTを履いていく?


そろそろ夏休み。
夏といえば…アウトドア。
昨今の「おうちキャンプ」の流行もあり、キャンプへ行きたい気持ちでいっぱいの方も多いのではないでしょうか。
 
NAOTにもアウトドア好きなスタッフが多いのですが、キャンプシーンにもNAOTの革靴を履いていくことが多いんです!
 
え、アウトドアに革靴?
どれを履いて行ってるの?
その後のお手入れどうしてるの?
色々気になってしょうがない三浦が、キャンプを愛するNAOTスタッフにインタビューしてみました!
 
 
 

\ 話を聞かせてくれた3人 /


 
聞くひと:三浦

 
 
 
 
① NAOTをアウトドアに履いていく率は?
 
100%!NAOT以外の靴は基本履かへんからね〜。2012年のフジロックもIRIS履いて行ったで。あの年に聞いたThe Stone Roses、良かったな…。

△長年連れ添ったIRIS CrazyHorseと、フジロックフェスティバル2012にて。ここはFIELD OF HEAVENステージ。
 
:NAOTのメンバーになってからは100%履いて行きますね。でもさすがに、私はフジロックには履いていかなかったです(笑)
 
: だいたい90%かな。水にジャバジャバ入る予定の時はさすがにNAOTは履いていかない!でも汚れるのは気にしない!
 
 
 
 
② どんなシーンに、どの靴を選ぶ?
 
: キャンプだったら、GENEVAかIRIS! ちょっとした山とかアスレチックみたいな場所にはDANIELAが多いなあ。DANIELAも本当に心強いです。

△一昨年に出店させてもらったAlps Book Campにて。夏はいっつもGENEVAです。
 

△アスレチックもDANIELA Matt Blackで。これで須磨アルプスの山歩きも行っちゃいました。
 
: 山っぽいところや音楽フェスなど、ハードなシーンでは意外とMALTAで行きます。飛んだり跳ねたりできるから!
キャンプだったら、絶対IRISかCECILIAテントに出入りすることが多くても、さっと脱ぎ履きできるので。キャンプにNAOTを履いていって困ったことは、ないです!


△川沿いキャンプのようす。このCECILIA、丸洗いした経験あり。
 
: シーンに関わらずOLGAが多いですね!OLGAで岩場とか登ったことあります。あとはIRISのベルトをかかとに回す履きかたもよくやってますよ。

△黄昏る辻村。とにかく岩に登りたい辻村。足元はOLGA Buffalo Leather。
 
 
 
 
③ 履いていくのNAOTだけ?他も持っていく?
 
: NAOTを履いていくときは、他の靴は持っていかないです。荷物は出来るだけ少なめに!
 
: 私は、備えとしてもう1足持って行く派です!水に濡れることもあるかもしれないので。
去年の夏はじめてNAOTのみんなとキャンプに行く時、「みんなNAOTを履いてくるかな?いや、さすがにビーサンとかかな?どっち履いていこう?」ってめちゃくちゃ悩んだんですよね…。
悩んだ末にNAOTとそうじゃない靴をどっちも持って行ったら、みごとに全員NAOTの靴を履いてました。どっちも持って行ってよかったー(笑)
 

△去年のキャンプにて、実際のスタッフの足元。それぞれがアウトドアで履きたい1足を履いてきています。
 
 
 
④ 帰ってきたあとお手入れしてる?
: しません!でも、ウエットティッシュでさっと拭くことあるなあ。そのくらいかな。
 
: 私もしません、めんどくさくなっちゃって(笑) 岩場で擦れたOLGAの傷は、ちょこちょこっとラナパーを塗ってケアしました。
 
: してます!私の場合は、砂地とか泥とか過酷な状況が多くて、靴もけっこう汚れちゃうので。やっていることは基本のお手入れだけ。ブラッシングして、汚れ落して、最後に保湿クリームを塗ってます。あまりに汚れがひどいときは、インソールを外して丸洗いしてますね。丸洗い、オススメ!
 
 
 
 
まとめ!
みんな、本当にどこにでもNAOTで行ってるんですね!
足によく馴染んだ心相棒は、ちょっぴりハードな場面でその力を発揮するのかも。
 
ちなみにインタビュアー三浦は、過酷な場面にはもっぱらIRIS Crazy Horse。
「ハードな日はこの靴で」という役割分担をさせています。
(このあいだIRISで畑に行ったら、さすがに泥まみれになってヘコみました。ちゃんとお手入れしました。)
 
遠出もキャンプもなかなか難しい昨今ですが、ちょこっと近場のピクニックへも…その足元にNAOTがあったらうれしいです。
キャンパーのみなさん、来たる平穏を待ちながら、キャンプ熱をあっためておきましょうね!
 
 

 
編集:三浦


その他の記事

戻る

pagetop