NAOTマガジン
  • Magazine>
  • >
  • 足もとのキャンバス展 作家さん紹介⑬ nakabanさん
2020.12.05

足もとのキャンバス展 作家さん紹介⑬ nakabanさん


 
 
10月から展示がスタートした、「足もとのキャンバス展」。
ご参加いただいているのは、NAOTとご縁のある14名のクリエイターのみなさま。
そんなみなさまの魅力や、NAOTとの歩みをご紹介させていただきます!
 
 


 

イラストレーター
nakabanさん


 
ゆたかな色彩とともに描かれた風景のなかに、不思議なぬくもりを感じる、nakabanさんの作品。
まがりくねった道、ざわざわと音をたてる木々、風が通り抜ける街角…。
その風景は、どこか知らない世界に入り込んでしまったような高揚感と、隅々までよく知っている故郷のような懐かしさ。
その両方を見る人に与えてくれます。
 
そんなnakabanさんは、以前にNAOT NARAで開催したライブにお越しいただいたというご縁がはじまり。
そして今回、初めて展示にご参加いただくことができました!
白いサボをキャンバスに、nakabanさんの世界観をたっぷりと表現していただきました。
思わず、わぁっ!と釘付けになるようなnakabanさんの作品。
眺めていると、色あざやかな作品から元気をもらえます。
 
 
●nakabanさんから、作品へのコメント
とびきりの眺めのために坂道を登る日
海の輝きを浴びて目を細めてしまう日
靴と話しながらの毎日が新しい発想をもたらしてくれる
 
ぜひみなさまも、nakabanさんの作品からフレッシュな風を感じてくださいね!
 
nakabanさんホームページはこちら
 
『足もとのキャンバス展』については、こちら!
 
 


その他の記事

戻る

pagetop