お客様の声

お客様の声
  • NEW


     
    ■ A・K様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    DANIELA Chestnut(5年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    出会いはセレクトショップのWEBサイトで見つけて気に入り、蔵前にお店があったので実際にフィッティングしてから購入しました。
    出産してからずっと子育てに追われる日々の中、初めて子供を預けて自分のため買い物をしに行った時の嬉しさを今でもよくおぼえています。お店のある蔵前もとても素敵な街でした。
    とにかくこの靴の色も形も好きで毎日のように履いているうちに、だんだん靴が足に馴染んできて、明るい栗色だった革の色も味わいが出てきました。今ではどこに行くにもこの靴が手放せないです。
    5年履いてかなりボロボロになってしまいましたが、修理をしてもらってまたこの靴を履けるのが嬉しいです。
    今までほとんどメンテナンスをしてこなかったので、今度は定期的にメンテナンスしてこれからも長く大切にしたいと思います。

     

  • NEW


     
    ■ S・O様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS Chestnut(5年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    職場で昇進するタイミングが迫っていた時、出会った靴です。昇進は望んだものではなく、嫌で仕方がなかった、これからどう生きていけるんだろうと、悶々としていました。この5年、一緒に歩んできた相棒です。
    よく、生きてきた、そういう5年でした。しんどいなあという日も、すっぽり足を包んでくれて、気分を上げてくれました。今日もいけるよ!おしゃれさんだよ!と励まし、今日も一日良く生きたじゃないか!お疲れさまとなぐさめてくれる、そんな存在です。

     

  • NEW


     
    ■ M・O様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    DANIELA Walnut(5年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    履き心地の良さに衝動買いして以来、国内外問わず旅先には常に連れていき、さまざまな場所を共に歩きました。一番お世話になったのは妊娠中。
    体がしんどくて履かなくなる靴が増えていくなか、最後まで履き続けていたのがこの靴でした。今は2歳に育った子どもとのお散歩にも欠かせない存在です。

     

  • NEW


     
    ■ H・O様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    MALTA Buffalo Leather(10年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    ひとめぼれ。 
    色カタチだけでなく、纏う雰囲気、履き心地、何より履いたときの自分の立ち姿に「あ、なんかいいな」と。あれから、10年。
    大切なあの人に会う時やお気に入りの場所へ行く時はもちろん、何気ない日常も、安心して思いきり楽しむことができたのはこの子のおかげ。
    着る服を選ばない佇まいなので、毎日のようにいっしょに歩いてきました。
    暮らす場所が変わり、職が変わり、メイクやファッションが変わり、家族が増え、たくさんのものを手放し大切なものをすこしだけ…とライフスタイルも思考も変化してきたけれど、出会ったときと同じようにわたしの足もとをすっぽりやさしく包み支えてくれている。
    お手入れをくりかえし、ますます大切にしたいと思う存在に育っています。
    ありがとう。これからもよろしくね。
     

  • NEW


     
    ■ Y・M様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    DANIELA Walnut(4年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    北海道から日本一周、旅をしている時に、大阪の珈琲屋さんがNAOTの靴を履いていて、その後奈良のお店にふらり行ってみると一目惚れして購入しました。
    旅の途中、屋久島を登山した際、トレッキングシューズを忘れてこの靴で登りました。
    ドキドキしましたが、歩きやすいのでこの靴でもなんとか登山し素晴らしい自然・景色を見ることができました。かわいいだけじゃなく、タフで、いつでも違和感なくそばにいてくれるような友達。この靴を履いているとその旅のときの新鮮な気持ちと一緒にいろんな景色を見たことを思い出して、とても心強いです。
    歩き方の癖のためか、靴底がすり減ったので修理することにしました。今までは、靴はボロボロになったら買い換えるものと思ってましたが、この靴は大事に履きたい。そんな出会いに感謝です。

     

  • NEW


     
    ■ I・S様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    OLGA Matt Black(5年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    上京してからはじめて買った靴です。はじめての東京暮らしで忙しい日々。
    仕事やおでかけに、この靴でたくさん東京を歩きました。
    ですが、2年前にコロナ禍に入り、テレワーク中心の日々となりました。
    街を歩く機会が減り、その間ずっと靴箱に仕舞っておりました。
    ようやく最近コロナ禍も落ち着いて、2年ぶりにこの靴を取り出しました。
    そしたら、靴底がものすごく擦り減っていたことに気が付いてびっくり。
    こんなに擦り減っている事に気づかないほど、頑張っていたんだなあと、上京したての自分を労いたい気持ちになりました。はじめて、靴底の修理に出しました。
    修理が完了したら、また、この靴でたくさん楽しく歩きたいです。

     

  • NEW


     
    ■ H・K様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    DENALI Buffalo Leather(9ヶ月)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    NAOTの靴との出会いは、数年前、私の実家がある島根県松江市に帰省したとき、妻が本屋さんで見つけ、気に入って自分用に買ったことがきっかけです。
    とても履き心地がよかったようで、私にも東京の店に行って買うよう勧めてくれたのですが、なかなかその機会がないままになっていました。
    昨年の8月に、妻が病気で亡くなりました。玄関にそのまま置いていた妻の靴を下駄箱にしまったときに、そういえばオンライン販売もあったと思い出し、妻の靴とほぼ同じ色合いの靴を選んで買いました。
    それから秋、冬、春と履いてきて、どこへ外出しても妻と離れていないような気がしています。これからも長く大切に履きつづけたいと思います。

     

  • NEW


     
    ■ S・M様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    FLORENCE Chestnut(2年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    うちの庭を歩くときはアイリスの赤ですが、買い物に行くときはフローレンスに履き替えています。
    アイリスも大好きですが、フローレンスは少し細身で踵も高くて程よくおしゃれな感じがします。
    どこにでも履いて行けるというか。今回修理に出したのは、踵の外側が減って転びそうになったから。
    こんなになるまで放っておいてごめんね、と思いました。修理の間はアイリスやオルガを履いて待っています。きれいになって、早く帰ってきてね。楽しみです。

     


  •  
    ■ C・K様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS Rumba(2年)
    IRIS Chestnut(2年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    オンラインショッピングで購入したので、やはり届いてすぐ履いた時が嬉しかったです。
    特に2足目のときは、私は右足が大きくて右のみ少々きついと注文時に申告したら両足ともサイズがピッタリで本当に感動しました。
     


  •  
    ■ A・M様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS Matt Black(4年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    イスラエルとヨルダンへ一緒に旅してきました。

     


  • ■ A・N様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS White(2年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    毎日、玄関に出してある靴。見た目もころんと可愛くて、さてお出かけしようとすると、気づくとすっと足を入れちゃう。
    履きすぎて穴を空けてしまったので、修理のお願い中です。玄関にいつもある靴がないと、なにを履こう…?となるけれど、また帰って来てくれるのを楽しみに待っています!

     


  •  
    ■ S・K様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    DENALI Buffalo Leather(7年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    当時アパレル店員として働いていたときに、お客様が履いている靴がとても可愛くて、「自分が欲しい革靴はこれだ!」と一目惚れしたことをよく覚えています。
    革靴といえば、ドレッシーで硬くて、馴染むまでが大変で、いつも買っては履かなくなっていたのですが、NAOTのそれは革靴というよりも、スニーカーというか。丸みを帯びたデザインがとてもかわいくて。
    その時は週末にしか開いていなかった東京店まで足を運びました。

    履きなれるまではしばらくかかりましたが、知らないうちに足に馴染んでいて。
    仕事に、旅行に、色んな所に行きました。大切な大会の日なんかも、相棒として履いていきました。

    数年前、皮革製品を扱うブランドへ転職し、それまで革への知識が殆どなかった私はそこでお手入れの大切さを知りました。
    いままでちゃんと手入れしてなくてごめん!!!!とすごく靴に申し訳なくなり、
    それからというものの自分で手入れして履き慣らすようにしてからは、更に愛着が湧いてお気に入りの一足です! 
     


  •  
    ■ K・T様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS Matt Black(12年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    奈良に旅行に出かけた際、履いていた靴が合わなくて、せっかくの旅行がブルーになってた時にこの靴に出会いました。
    そこから結婚して妊娠しても履いていて、子育てでも大助かり。今も履きつづけています。

     


  •  
    ■ A・F様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    PISAC Buffalo Leather(2年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    家族で小さな農業をしながらパン屋とカフェを営んでおります。
    固いコンクリートの床の厨房で長時間立って作業したり、ホールに出てサービスをしたり、常に動きっぱなしです。
    体に痛みが出始めて、靴を気をつけないと疲れが溜まるなぁと思っていた頃、NAOTの靴に出会いました。
    冷えとりで靴下を重ねばきしていたこともあり、初めは踵のないIRISを少し大きめサイズで履いていました。IRISはもう5、6年履いています。
    子供が3人いるので、ササッと履ける上に可愛い靴は、どこのですか?と声を掛けられることが多かったです。
    二足目に選んだのがこのPISACです。
    3人の子供たちと出かけることも増え、ファッションに馴染んで、且つ足に優しい靴としてPISACを自分のワードローブに迎え入れました。
    今回メンテナンスをしていただき、いない間、とても困りました。
    元気になって戻ってきた姿を見て、たくさん疲れさせちゃってたなぁと感じつつ、こうして長く履くために寄り添ってくださるNAOTの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
    今では仕事の日でも、休日でも、好んで履くのはPISACで、いなくてはならない私の相棒です。

     


  •  
    ■ I・T様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    DIRECTOR Black Madras(8ヶ月)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    朝スーツを着てDIRECTORを履く、これが私の仕事モードのスイッチです。
    今は二代目のDIRECTORですが、一代目DIRECTORは3年間お手入れのみで一度も修理をせずに履き潰してしまいました。
    二代目はしっかりメンテナンスをしてもっと長く履いていきたいと思います。

     


  •  
    ■ S・I様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS Matt Black(9年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    この靴は長女がまだ0歳の頃、抱っこしたままさっと履けて、歩きやすくどんな服装にも合わせやすい靴を探していた時に出会いました。すごく歩きやすく、毎日毎日子どもと公園やお散歩、旅行にも履いて行きました。9年間の間に子どもは3人に増え、今また赤ちゃんを抱っこしている日々。すり減ったソールを修理して、まだまだ私の子育ての日々に寄り添ってもらいたいなと思っています。

     


  •  
    ■ N・M様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    PISAC Black Madras(4年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    この靴との出会いは3年前のほぼ日「生活のたのしみ展」の「NAOTの育てる靴 フィッティング&受注会」でした。
    もともと私は靴のサイズがなかなか合うものが無くて、どこかを妥協し、我慢して履いているのが常でしたので、期待はし過ぎないようにしようと思いつつ、ブースの佇まいと店員さんの醸し出す『この靴は大丈夫です』という雰囲気でなんだかするすると買ってしまいました。
    ここではなんやら良い物が手に入る、という「生活の楽しみ展」全体のムードもあったかもしれません。
    家に届き、履いた初日は、いつも新品を降ろす時と同様に絆創膏を貼って出ましたが、それは無用の心配でした。
    見た目はそれなりに革靴としての硬さがある様に思いましたが、歩いてみるとどんどん足に馴染んで来て、それは今までに味わったことがない履き心地でした。それからは感覚としては「スニーカー」なのでどこに行くにも毎日毎日履いて出ていました。
    気に入りすぎの履きすぎで、かなり踵も磨り減って少々歩きにくくなり、最近はちょっと下駄箱の中に眠ってしまっていました。
    先日折しも3年ぶりに開催された今年の「生活のたのしみ展」に行きました。
    今回もNAOTさんが出店されていてぶらぶら見ていたのですが、気に入ったデザインのものはやはり同じもので、まったく同じものを買うのはどうだろう、と思案していたところ、お店の方とお客様の会話から「育てる」というひと言が聞こえてきました。
    「古くなった」ではなく、ずっと「育てる」過程だったはず。。。
    お店の方にもしや修理は可能か伺ったところ、郵送での修理を提案してくださり、踵の修理をお願いし、お陰様でこれからも履くことができます。
    ただ柔らかいのではなく、しっかりと足をホールドしつつ変化しながらフィットしてくる、これは履いてみたらわかる、夢の様な靴と思っています。
     


  •  
    ■ K・M様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS White(8年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    IRISホワイトを愛用してしています。
    今回、踵がすり減り歩きにくくなって修理をお願いしました。
    実は3年前にNAOT NARAで修理をお願いしようと、家族で関西に旅行した際に帰りに奈良に立ち寄ったことがあります。
    修理とあわよくば新しいNAOTも、、とそれはもうウキウキしていました。
    ところが娘の運転で鰻の寝床のような駐車場に止めようとした時思いがけないことが起きました。
    切り返す時に金属製の車止めに当ててしまい、目の前でプシューッとタイヤがパンクしてしまったのです。
    来てもらったJAFの方が下した診断はタイヤ一本丸ごと交換でした。
    そのタイヤ一本の金額は私が大事に取っておいたIRIS修理代+新しい靴の代金と同じくらいの金額。
    JAFの方とタイヤ販売店に向かう娘に泣く泣く渡しました。
    残った私たちは7月の蒸し暑い午後、暇を持て余し父の車椅子を押しながら、ならまちを散歩することにしました。静かで古い街並みがすてきでした。
    ただショックで意気消沈してしまって行く筈だったNAOT NARAもkaze no sumikaも前を通るだけ。
    気を取り直し、途中奈良漬けのお店のカフェで一休みしてジュースで喉を潤しました。
    中庭の鬱蒼とした木立も素晴らしく、思いがけない休憩に父も喜んでいました。
    やがて新しいタイヤが来て交換してもらい無事に帰路につくことができました。
    一年後父は他界しました。暑い夏の日の出来事は思い出深く、
    その時修理する筈だったIRISは大切な思い出と共にあるように感じます。
    修理から帰ってきたらずっと大事に履き続ようと思います。

     


  •  
    ■ Y・S様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    IRIS Crazy horse(3年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    第二子が生まれたばかりの頃、歩きやすくて抱っこ紐をしてても着脱が楽そう!と購入しました。
    履き始めて少しすると、足の甲に履きじわができ、それが歩くたびに甲の一部分を圧迫して痛くなりました。今思うと自分でも不思議なのですが、いつもは合わない靴やサンダルはすぐ履かなくなるのに、このIRISに限っては、痛いなぁと思いつつ、なぜかつい履いてしまい、子供とのお散歩や買い物など結局ほぼ毎日履いていました。
    そのまま数週間経つ頃には、インソールに指の跡がついてきてフィット感が増しただけでなく、いつの間にか甲の痛みも一切なくなり、靴全体が私の足を包み込んでくれるような感じに変わりました。
    それ以来、1年の2/3以上と言っても過言ではないくらいほぼ毎日履いています。(雨の日が割と多い地域ですが、IRISはつま先も開いてないので多少の雨なら履いちゃいます。もちろんおすすめはしません(笑))
    当時赤ちゃんだった子は3歳になりましたが、昨年第三子が生まれて、抱っこ紐が必須な生活がまた戻ってきました。慣れ親しんだIRISは、私の子育ての必須アイテムであり、これからもずっと履き続けたい大切な相棒です。
     


  •  
    ■ T・S様
     
    ■靴の年齢は?(何年履いてくださっていますか?)
    OLGA Matt Black(3年)
     
    ■NAOTの靴とのエピソードをお聞かせください
    高校の卒業式で初めて履きました(私服の学校だったので)。毎日のように履いていますが、今でも履くたびに可愛いなと思っています。
    これからも、ハレの日もケの日もたくさん履いていきたいと思います。
     

アーカイブ

pagetop