実験してみよう5 〜靴の早履き競争〜

実験してみよう5 〜靴の早履き競争〜


NAOTの靴に関する気になることをなんでもやってみよう!とチャレンジするシリーズ「実験してみよう」。今回はスタッフ上野が挑戦!
 
靴選びをする時に「脱ぎ履きのしやすさ」を重要なポイントにしている人も多いのでは。
そこで今回はスタッフにNAOTの靴で早履き競争をしてもらいました!
サッと履ける靴、少し履くのに時間がかかる靴。
なぜ脱ぎ履きのしやすさに違いがあるのか、
その理由もしっかり探っていきたいと思います。
 
————
 
今回のメンバーは左から岩崎、牧、木村の三人!
まず、何も知らない3人に今気になっている靴を持ってきてもらいましょう!
 
 

▲それぞれが選んだ靴は左からOLGAIRISMALTAです。
 
 
 
そして今回のテーマを発表。
その靴で早履き競争をしてくださ〜い!!
 

▲「えー!」「競争!?」
 
 
とにかくやってみましょう。
それでは行きます。よーい…
 
スターート!
 

▲フライング気味の岩崎。
 


 
1番は〜〜〜?
 

 
やっぱりそうでしょう!脱ぎ履き楽々のIRIS!
 
そして2番はダークホースOLGA!
 
ラストは…
 

 

 
MALTAでした!
 
 

ほぼ見たままかなという結果ですが、実際やってみてどうでしたか?
 
牧「IRISはやっぱり脱ぎ履きがすごく楽!まだ新品だから少し硬いけど、
  脱ぎ履きにおいては最強かなと思います(笑)」
 

 
たしかに!
OLGAは一見ベルトに手間取りそうですが…。
 

 
岩崎「実はスナップボタン式なんです!パチンと留めてあげるだけなので、見た目より脱ぎ履きは楽々ですよ。」
 
うーん、これは憎いですね〜〜!
MALTAはどうでしたか。
 

 
木村「MALTAはベルトでの着脱なので、履くときに少し時間がかかってしまいました。
でもこのベルトをキュッと締めることで足の甲がしっかりと固定される感じがします!」
 
ふむふむ。なるほど。
じゃあこれを一度履いてみてください!
 

 
牧「履き込んだMALTAだ!すっかり馴染んでる。」
 

 
木村「わぁーーー!!すごい柔らかくなってる!!ベルト自体も馴染んでいるから穴に通しやすい!
でも甲周りがしっかり固定される感じは変わらないから不思議。」
 

▲革自体がしっかり馴染み、ベルトの穴位置にも変化が。
ここまで柔らかくなるとそのまま脱ぎ履きしているというお声もチラホラ。
 
 
それでは他の靴の経年の変化も見てみましょう!
 
 

 
牧「最初は少し出てたかかともすっと入っていい感じ。
少し靴下がひっかかるかなと感じたんだけど、それも無くなってもっと脱ぎ履きが楽になってる!」
 

 
 
OLGAはどうですか。
 

 
岩崎「OLGAは脱ぎ履き自体はあんまり変わらないかなぁ」
木村「スナップボタンだし、甲周りも空いたデザインだからかな」
 

 
岩崎「でも新品のOLGAに比べると幅周りに少しゆとりがでて、ベルトも柔らかくなってるね。
ベルトの穴位置を調整したほうが安定感が出るなぁ」
牧「馴染んだ後も締め具合の調整ができるのはいいね」
 

 
牧「もちろん足入れのしやすさも大事だけど、どんな場面で履きたいかも大事。
それによって、ホールド感のある靴、さっと履ける靴。靴選びの幅も広がるかもね!」
 
 
 

 
 
バックナンバーはこちら▽
実験してみよう1 〜サンダル×靴下の合わせ方〜
実験してみよう2 〜サボで若草山も登れちゃう!?〜
実験してみよう3 〜革靴を丸ごと洗ってみる〜
実験してみよう4 〜目隠しで、靴当てクイズ〜

くつラヂヲ〜第34回〜




 
 
お問い合わせは9時-5時で。
次回は2月9日(土)更新予定!!
 
 
前の話◁|▷次の話
 
 

 
・和田ラヂヲ ウェブサイト www4.plala.or.jp/radiow
・和田ラヂヲ Twitter @radiowada
 

過去イベントのテスト投稿

イベントのテスト投稿過去NARAイベントのテスト投稿過去NARAイベントのテスト投稿過去NARAイベントのテスト投稿過去NARAイベントのテスト投稿過去NARAイベントのテスト投稿過去NARAイベントのテスト投稿過去

魔法使いの地図

 

「魔法使いの地図」山本千鶴 個展
2015年9月26日(土)〜10月4日(日)風の栖の庭小屋にて

こもれびのような人、山本千鶴さんの展覧会は
秋の訪れとともに 穏やかに始まりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『魔法使いの地図』と題された今回の展示。
会場の庭小屋へ一歩入ると、
心のままに色を紡いで てらいなく表現された
千鶴さんの世界が広がります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作品は会期中も新しく生まれ、また描き足され、
お天気や一日の光の変化とも相まって、
ひと時として同じ瞬間はないのです。

 

小屋いっぱいの作品たちを愛おしそうに育てていかれる
千鶴さんの暖かい眼差しがとても印象的でした。

 

見る時ごとに景色が変わる魔法の地図。
たとえば10年後には どんな景色が広がるんだろう?
遠くの未来はわからないけれど、
明日もまた こんなふうに心を震わせていたいなあ。
色とりどりのこもれびに囲まれて、
そんなことを ふんわりと想ったのでした。

 

(タニグチ)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心躍る器たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

器を変えるとおいしさも変わる、とはよく言いますが、
岳中爽果(たけなかさやか)さんの器はまさしくそんな器。

IMG_3740OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_3859

一目みたときから釘付けになって、この器でお茶やご飯を楽しむイメージがすぐ湧いて、欲しい、ということは決めたものの、どれも魅力的でなかなか決められず、迷いに迷って家に連れて帰った器とはもう何年もの仲。

岳中さんの大きな魅力のひとつは、植物や草花をモチーフに一つ一つ手彫りで掘り出される模様。
その繊細さ、かわいらしさに魅入ってしまいます。
さらに優しい色合いのものも多いので、どんなものともしっくり合います。

美味しいとは読んで字のごとく、無意識のうちにかもしれないけれど、きれいな見た目も一緒に楽しんでいるんだなぁと思います。
逆にいうと、切ったお豆腐を乗せただけでも美味しく見せてくれるので、ズボラな私には重宝です。

IMG_3909IMG_3891

 

こんな繊細な作品を作られる岳中さんとはいったいどんな方なんだろう、と思ったら、ご本人はとっても明るくてサバサバ、お話しやすい方なのです。
ますます作品も好きになってしまいました。

 

そんな岳中さんの作品たちが、風の栖にやってきます。
しかもその数、200点以上・・・!
種々のカップやお椀、プレートなどなど。
それだけの作品が並んでいるなんて、その空間にいるだけで幸せになれそうです。
今から楽しみで仕方がありません。
ぜひ岳中さんの世界に浸りにいらっしゃいませんか?

今月のシルバーウィークです。
9月20日(日)、21日(月)はご本人も在廊してくださいます。

ミヤガワ(ミ)

********************************

岳中爽果 陶器展 風の栖にて
9/18(金) 〜 27(日)

kazenosumika.com/event/archives/1647

 

風のマルシェ、たのしみ

6月20日の土曜日。
13回目の「風のマルシェ」は、梅雨の合間の土曜日、
雲の間から覗いたお日さまとともに始まりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回も、開店前からたくさんの方が来てくださいました。
みなさん、和やかながら、とても真剣な表情。
それぞれのベストチョイスを選ばれていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中には、マルシェで買ったキッシュやお菓子を持って奈良公園でランチをするというお客様も。
青空の下でマルシェランチ、とっても素敵ですね!

マルシェでは、普段なかなか出会えない美味しいものがたくさん並びます。
あれもこれも食べたくなって、つい買いすぎちゃったというお客様もいらっしゃったのではないでしょうか?
(はい、それは私のことです・・・)
そんな時の、オススメの楽しみ方。
小分けにして冷凍しておくんです。
image
解凍時は食べたいぶんだけ取り出して、トースターで軽くチンするだけ。
よかったら試してみてくださいね。

今回のマルシェでは、人それぞれ、いろんな楽しみ方があるんやなあ、と改めて感じました。

さて、次回「風のマルシェ」は、9月19日(土)の予定です。
またたくさんの美味しいもの、美しいものをお届けしようと、スタッフ一同で着々と準備中です。
ぜひお楽しみに!

(タニグチ)

121本の弦が奏でる優しい旋律

2015年4月18日(土)
この日は最高気温が23度とすこし肌寒くも春らしい季節になってきました。
今回で4回目となるフランスシターの演奏会。
奏者はいいだむつみさん。
IMG_1617
日も暮れ始めた頃、演奏会は静かに始まりました。

IMG_1602

西洋の教会で奏でられるフランスシター。(旧約聖書にも記述があるとか!)
とても優しい音色の楽器です。
いつの間にか外も暗くなり、時間の流れもゆったりしてきました。
演奏された曲は教会音楽のみならず、サイモン&ガーファンクルのスカボロフェア、ショパンのノクターン、ジャンルにとらわれない選曲ながらも、どこかフランスシターらしい雰囲気になります。
旋律の響きが心にしみ入り、聞き入っておられる方々の心も共鳴しているかのような空間でした。

フランスシターの横には、粋な生け花が飾られておりますが・・・
IMG_1598なんとこれは店主がいいだむつみさんをイメージして活けたのです!
演奏中はライトアップされて、花も心なしか楽しそうに見えました。

途中の休憩では、またまた店主お手製のハーブティーをみなさんに楽しんでいただきました。
ほんのりミントが香る癒しのハーブティーでした。

そして演奏後には、お客様と談笑されるいいださんの姿が
IMG_1606
フランスシターの演奏に感動してリピーターの方もおられます。
演奏者と聞き手の距離がとても近いのが、風の栖の演奏会の良いところなんです。

(タカハシ)

 

前回の演奏会の様子
風のささやきーフランスシターの調べとともにー

<フランスシター>(France Cithare)
フランスシターは南フランスに伝わる楽器で、中世の教会で、
祈りの合間に修道女たちによってつくられた楽器だそうです。
121本もの弦が張ってあって、右手で旋律、
左手で和音を指で弾いて演奏する、素朴で優しい響きの楽器です。
起源は旧約聖書の詩編にその名を見ることができるほど古く、
神を賛美し、感謝する祈りの伴奏に使われていた弦楽器です。
長く忘れ去られる時代も続きますが、19世紀に入り
再び典礼音楽で演奏されることで蘇ります。
その後、フランスにおいて伴奏だけでなく、独奏としても演奏できるように
改良が重ねられ、現在に至ります。
日本には2000年に「日本シター協会」(長谷川亘利 主宰・神戸)が
設立され、”フランスシター”として紹介されました。
使用の楽器はフランスのシスターが毎日の祈りの合間に
工房にて丹精込めて製作したものです。

<いいだむつみ>
フランスシター奏者
日本シター協会会員 奈良市在住
2002年、フランスシターの繊細で奥深い響と語りかけるような音色、
そして育まれてきた背景に見せられ、日本シター協会 長谷川身道子氏に師事。
各地で演奏を行う。オリジナル曲や即興を取り入れた独自の世界を追求している。
他に 鍵盤楽器・打楽器・リコーダーなど、習得してきた楽器で、
多くのアーティストとの競演も行い 映像作品の作曲・演奏も手がける。
また近年は震災復興支援チャリティーやホスピスなどでの
ボランティア活動にも力を注いでいる。

風のマルシェ便り 3月21日

3月21日(土)

この日もやっぱりいいお天気。

IMG_1131
「風のマルシェの日は必ず晴れる」
風の栖でのこの都市伝説。本当なんです。
毎回来てくださっているお客様の中に、とびっきりの晴れ女・男がいるのかもしれませんね。
そんな春の訪れを感じた3月の風のマルシェお話。
IMG_1120
ハナロジさんのブーケ。
当日の朝、会場にハナロジさんのブーケがセッティングされるとパッ!と華やかになります。
IMG_1109
今回、初登場のmarutoさん。
素朴でありながら素材の味をしっかり楽しめるやさしい焼き菓子たち。
  IMG_1107
 抹茶とホワイトチョコのスコーン
 IMG_1114
金柑タルト
 IMG_1112
びわパン
 IMG_1122
はっさく
IMG_1117
旬の素材を味わえる贅沢なメニューばかりです。
IMG_1111
ご自宅でパン作りをされているお客様と天然酵母の話で盛り上がりワイワイ。ガヤガヤ。
そんな風に、初めましての方とたくさんお話ができるのも風のマルシェの魅力ですよね。
  IMG_1115
こちらは鹿児島県出身のスタッフが帰省の際に見つけたウルメイワシの丸干しをオイル漬けしたもの。
朝に獲れた新鮮なウルメイワシの丸干しは苦味も少なく本当に食べやすい!
IMG_0872
こちらもスタッフが弾丸!沖縄旅行で出会った屋我地島の塩とその塩を使ったちんすこう。
ちんすこうの概念が変わるほど、しっとり濃厚でおいしい!
風の栖のスタッフはみんなとっても食いしん坊。
少し旅に出ると必ずおいしいものを連れて帰ってきます。
IMG_1125
おいしいもの、うつくしいものに出会うこと
それは作り手と、届け手の私たちが出会い
私たちとお客様である皆さんの出会いにも繋がる…
「人と人との出会い」なんですね。
だから、風のマルシェって楽しい。

 

次回の風のマルシェは6月20日(土)です。
乞うご期待!
(カミヤ)

風の栖 春のてづくり大人服展

2015年4月29日(水)〜5月10日(日)風の栖 庭小屋にて

つい、手にとってしまう出番の多い服を求めてデザインした、
風の栖オリジナル服をはじめ、春から夏にかけてお勧めの手づくり服が揃います。

どれもシンプルでコーディネートしやすく、家でお洗濯ができるのも嬉しい服たち。刺繍の美しい生地やボタン、裏地にまでこだわったお洋服が小屋いっぱいに並びます。

今日はその中の一部をお写真でご紹介いたしますね。

10
4
2
IMG_1498
1
11

JikonkaさんSetsuko Toriiさん、fufuさん、あーるぐれぃさんなど、いつもの作家さんたちのお洋服もたくさん並びます。

楽しい時を持ちながら、今年も素敵な服と出会ってください。

(ムラカミ)
風の栖 手づくり大人服展
2015年4月29日(水)〜5月10日(日)
kazenosumika.com/event/archives/1447

2015 s/s 新作⑧ MALMO_Matt Black Leather/Buffalo Leather

大人気だったマルモが6年ぶりに復刻して帰ってきました!

甲部分がゴム仕様になっているので、履きやすさはもちろん
歩く度に“足の動きに靴がくっついてくる”感覚を体感していただけると思います。
(さらに…)

2015 s/s 新作⑦ PARIS_Buffalo Leather

CHEERに続き、サンダルシリーズに新作第2弾、PARISが登場。
曲線を描いたレザーストラップは、つま先にいくほど細くなっているので
履いたときの足下をキレイに見せてくれます。
包み込まれるホールド感が心地よいサンダル、是非お試しください。
(さらに…)

2015 s/s 新作⑥ DIRECTOR_Black Leather

メンズに待望の新作、DIRECTORが仲間入り!
甲部分のゴム使いで履き心地はもちろん、着脱もラクラク。
デザインはスマートですが、とっても優しい仕様です。
(さらに…)

2015 s/s 新作⑤ CHEER_Sterring Mirror Comb. / Black Comb.

サンダルシリーズに新作CHEERが登場。
一見、華奢なデザインに見えて、安定の履き心地。
素足はもちろん、カラータイツなどを合わせればドレッシーにも決まる一足です。
(さらに…)

2015 s/s 新作④ KEDMA_Black-Gley

昨年2014年の新作ラインナップとして登場したKEDMAに、新色Black-Gleyが仲間入り。
シックなバイカラー使いでビジネスシーンはもちろん
ちょっとしたパーティーにも活躍してくれそうなデザインです。
(さらに…)

2015 s/s 新作③ CLARA _Matt Black Leather

定番モデルのCLARAに、新たにMatt Blackが加わります。

カジュアルな雰囲気が強かったCLARAですが、

新色の登場で、これまでとはまた違った着こなしをお楽しみください!
(さらに…)

私の◯◯活

春がもうきています。
桜の開花とともに、これから新生活を迎える人、そうでない人も何かをはじめたくなる季節、春。

そんな時にオススメの元気になる映画を観ました。
その名も「私の恋活ダイアリー」。

でた!◯◯活!
“就活”が元祖だと思うのですが、“婚活”や“妊活”、“保活”などなど、最近ではあらゆる場面で◯◯活という言葉がどんどん増えています。
すごくキャッチーな題名だなと思いつつも、気軽に見はじめました。

主人公は、イスラエルの60歳の女性。実は彼女、この映画の監督なのです。つまり、自身のドキュメンタリー映画。それだけで、何かしらパワーを感じます。
恋活2
一人暮らしの彼女が恋愛のお相手を探す、まさにダイアリー仕立てのストーリーは、少しコミカルでもあるのですが、男性と話す時の彼女の真剣な表情は、とてもリアル。
「このおっちゃん、めっちゃ胡散臭そう。」
「この人、ダンディー!」
いつのまにか、彼女と同じ目線で、登場する男性を見極めようとしている自分がいます…

それぞれの価値観をしっかり持っている大人の男女だからこその難しさがあったりで、なかなかカップル誕生!というわけにはいきません。
でも、でも、次にすすむ彼女の行動力やフットワークの軽さは、見ていて単純に勇気をもらえます。

息子さんやお孫さんもいらして、健康で、仕事もある。ほんとうは、恋活などしなくても充分幸せなのかもしれない。それでも恋活をするイキイキした彼女をみると、その先にある幸せを求めて動くことの大事さを感じさせられました。

何が対象でもかまわないのです。何かのために活動する◯◯活。はじめたいです。

あ、ちなみに、彼女の恋活の結末は…

それでは、映画をご期待ください。
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

(ハットリ)
********************
●映画「私の恋活ダイヤリー」オフィシャルサイト
www.koikatsu-diary.com
_MG_8181

2015 s/s 新作② SVETLANA _ Ivory Leather

NAOTの定番サンダル。
しっかりと足が包みこまれ、フィット感が抜群に良いSVETLANA に新色が加わります。

 

カラーネームは「Ivory Leather」。
(さらに…)

2015 s/s 新作① DORITH _ Grecian Gold Leather

2015年 春夏の新作リリースまで約2週間となりました。
店頭、Webでご覧いただく前に、こちらで少しずつ新しいNAOTの靴をご紹介いたします。
(さらに…)

#2「私のNAOT」小林昭子 編

Momma always says
there’s an awful lot you could tell about a person by their shoes.
Where they’re going. Where they’ve been.
(さらに…)

出会いと再会の「チベット体操」

『新しいことを始めたい!』そんなわくわくした心持ちにぴったりな快晴の日
曜日、風の栖での第3回目のチベット体操教室が開催されました。

5つのごくシンプルな体操を、始めの週は3回ずつ、次の週は5回ずつ…1週
間ごとに2回ずつ増やしていき、最終的に21回まで到達すると『完成』と言
われるチベット体操。半年ほど前の6月に初めて参加させてもらい、今回は
『完成』まで到達しての、私にとっては2度目の教室でした。

チベット1

小林昭子さんの教室では体操に入る前に、まずは参加者の方それぞれの参加し
たきっかけや今の状態などをシェアする時間があります。

前回の教室を受けて完成まで達したリピーターの方、チベット体操の「チベッ
ト」というワードにピンときた方、店頭の宣伝ポスターの写真にビビっときた
方、チベット体操の先生は何人もいるけれど、他でもない小林昭子さんのレク
チャーを受けたくて他の予定をキャンセルして参加した方...お話を聞いていると、みなさんここに来るべくして集まって来られたんだと思わずにはいられません。

チベット3

シェアタイムが終わるとすっかり打ち解けた雰囲気に。その後、身体をほぐし
てからいざ実践!でもとってもシンプルな体操なので、ちょっとしたポイント
をアドバイスしてもらい、個々のクセを修正してもらうとすぐにみなさんマス
ターして、1週目の3回ずつをみんなで終了しました。

チベット4 チベット5

体操が終わると、仰向けになって目を閉じ、リラックスタイム。
心も身体もすっかりほぐれて至福のひととき…
先生の誘導で軽い瞑想状態になったところで教室は終了しました。

『チベット体操を始めるとどんどんありのまま、生まれたままの自分が出てく
る。めくるめくハッピーな毎日を過ごせる。』という先生のお言葉どおり、こ
の半年の間、ますますポジティブかつアクティブになっていく自分を実感して
いる今日この頃…。半年の間にきっと偶然ではなく必然なんだろうなと思わせ
てくれる人との素敵な再会もたくさんありました(その一番最初の再会がここ
風の栖での再会だったのです)。ささやかな願いもいくつか叶いました。

チベット2

チベット体操は、体操すること自体もとっても清々しく心地よい気分にさせて
くれるのですが、続けることで毎日がどんどん幸せになっていく不思議な体操
です。

今のところ不定期の開催ですが、また次回、新しい出会いと再会が今からとっ
ても楽しみです。

(カワイ)

pagetop