• Magazine>
  • >
  • 育てる靴-私とNAOT- IRIS Rainy Grey

育てる靴-私とNAOT- IRIS Rainy Grey

 

 
靴との付き合い方は持ち主によって、その人それぞれ。靴との出会い、履いて行った場所、忘れられない思い出などなど、NAOTスタッフがそれぞれの言葉でお届けいたします。
 
今回はIRIS Rainy Greyのお話です。
 


 
普段、ベーシックなカラーばかりを選ぶ私には、この今は無きグレーカラーのIRISはかなりの冒険でした!
 
本当は別のカラーのIRISを買おうと思っていたのに、会計時にこの子と目が合ってしまい・・・
衝動的にお迎えした子です。
 
シルバーのようにも見えるグレーのIRISは、常に安牌に流れる私にとってはスパイスのような子。
着付けを習い、着物でお出掛けするときの足元もこの子でした(今は子育てで着付けはお休み中ですが)。
 
新しい経験をするとき・はじめての場所に行く時、そっと背中を押してくれる一足です。
 


IRIS Rainy Grey
愛用歴8年
 


 
過去の掲載はこちら


その他の記事

戻る

pagetop