• Magazine>
  • >
  • 育てる靴-私とNAOT- OLGA Matt Black

育てる靴-私とNAOT- OLGA Matt Black

 

 
靴との付き合い方は持ち主によって、その人それぞれ。靴との出会い、履いて行った場所、忘れられない思い出などなど、NAOTスタッフがそれぞれの言葉でお届けいたします。
 
今回はOLGA Matt Blackのお話です。
 


 
OLGAラバーの私。
最近、2年ほど履きまくったOLGA Buffaloをオールソール交換の修理に出しました。
 
それをきっかけに念願のMatt Blackをやっと購入!
実はOLGAを初めて迎える時、この2色で本当に本当に迷って茶色にしたものの、いつか絶対黒も!とずっと思っていたのです。
 
「OLGAがない生活なんて考えられない!」
そう思うほど、この靴は1番履きやすくて、歩けて、どんな服にも合わせやすくて私の生活に馴染んでいます。
 

 
馴染んだ柔らかい茶色のOLGAに慣れているので、「OLGAは幅広の私でもすぽっと履ける。安心」
そう思っていたけれど、新品の革は硬くて痛い。
でも、やっぱり黒は可愛い。最強かも!
 
実は革靴で黒は初めてだと気づきました。
黒にしか出せないまとまり感とか、色合わせとか。同じ靴だけれど、違う靴みたい。
買ってよかった!
 
馴染んだ柔らかなMatt BlackのOLGAを履く先輩の靴を夢見て、少しずつ履いていきます。
 


OLGA Matt Black
愛用歴 1ヶ月
 


 
過去の掲載はこちら


その他の記事

戻る

pagetop