• Magazine>
  • >
  • 育てる靴-私とNAOT- MALMO Matt Black

育てる靴-私とNAOT- MALMO Matt Black

 

 
靴との付き合い方は持ち主によって、その人それぞれ。靴との出会い、履いて行った場所、忘れられない思い出などなど、NAOTスタッフがそれぞれの言葉でお届けいたします。
 
今回はMALMO Matt Blackのお話です。
 


 
MALMOは子供が1歳になった時に、「お母さん1歳おめでとう」と自分へのご褒美に選んだ1足です。
選びに行ったとき、子供は抱っこ紐でスヤスヤ…。
靴は見えていなかったのではないかな。
ただ、見えずとも、スポンっと気持ち良く収まる履き心地で「これだ!」と即決したのでした。
 
MALMOの好きなところ。
両側のゴムで脱ぎ履き楽チンなデザイン。
そして、実は手が込んでいる履き口の縁取り。
しかも、こちらは同色の革で縁取っているんです。
 

 
私には、この縁取りが民芸品の装飾のようにも感じられ、一番好きな部分です。
(お試しになったときは、是非上から横から眺めてみてください!)
 
だいぶ全体がクタッとはしてきたけど、ゴムもまだまだ現役。
子供も小学生になり、脱ぎ履きのしやすさは最優先事項ではなくなったけれど、ついつい足を入れてしまう。
履くとほっとする一足です。
 


MALMO Matt Black
愛用歴6年
 


 
過去の掲載はこちら


その他の記事

戻る

pagetop