• Magazine>
  • >
  • [NAOTの靴のきほん帖] 雨の日のお手入れについて

[NAOTの靴のきほん帖] 雨の日のお手入れについて

雨の日のお手入れ

 
 

 

 
革は水に弱い、と聞くことがありますよね。
では、どうして雨の日は避けた方が良いのか?水に濡れてしまったときはどうすれば良いのか?
お客様よりよくいただくご質問にお答えします。
 
 
 
Q.雨の日にNAOTの靴は履いてもいいの?
 
NAOTの靴は天然皮革を使用しているため、雨に濡れるとシミになってしまったり、傷んでしまう恐れがあります。
ソールとアッパーを手作業で縫い合わせているシリーズは、縫い目の隙間から雨が染み込んで、インソールが濡れてしまうこともございます。
雨だけでなく、雪道を歩いていて雨ジミができてしまった!なんていう話も。
また、圧着タイプの靴は、靴底の接着剥がれにも影響してしまいます。
 
お気に入りの靴がそんな風になってしまうと悲しいですよね。
長く、心地良くNAOTの靴とお付き合いいただくために、雨の日はできる限り避けてくださいね。
 
 
 
Q.雨の日でも履きたい時、防水スプレーは使ってもいいの?
 
雨の日はよくないと分かってはいても、どうしても履きたい日や、突然雨に降られてしまうこともありますよね。
そんな時のためのお守り代わりに、防水スプレーを。
NAOTの靴は、皮革用の防水スプレーを使用いただいても問題ありません。
とはいえ、防水スプレーの持続効果は永久的ではありませんので、雨が降りそうな日の前夜に、防水スプレーすることをおすすめします。
 
 

 
油分や潤いがなくなってしまった革靴は、雨が染み込みやすいもの。
履き込んだ靴にスプレーを使用する場合は、ほこりや汚れなどをブラシで落とし、靴クリームでお手入れをしてから、最後の仕上げにかけるのがおすすめです。
 
 
 
Q.雨や水に濡れてしまった時はどうするのがいいの?
 
濡れた靴をそのまま放置してしまうのは、革にとって最も良くありません。
そのままにしておくと、カビが発生する原因になったり、革の表面にヒビ割れがあらわれたり、シミが定着してしまう可能性があります。
もし濡れてしまったときは、できるだけ早めのケアを。
 
 
まず、革の表面の水分をタオルや柔らかい布で拭き取ります。
 

 
インソールの取り外しが可能なタイプの靴は、インソールを外し、風通しの良い日陰でしっかり乾かします。
靴は壁に立てかけて、ソールを浮かせることで通気性がよくなります。
 

 
比較的革が柔らかいNAOTの靴は、濡れていると変形しやすいため、新聞紙などを詰めると革が伸びてしまうことも。詰め物をされる際は十分、注意してくださいね。
※直射日光やドライヤーで乾かすのは、革を傷める原因となります。
 
靴が完全に乾いたら、靴クリームを塗って油分や栄養を補給してあげます。
 

 
 
大切な靴を楽しんで育てていただけますよう。
なにかご不明なことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。
お問い合わせはこちら
 
 
 


その他の記事

戻る

pagetop