• Magazine>
  • >
  • [NAOTの靴のきほん帖]スエード・ヌバックのお手入れ

[NAOTの靴のきほん帖]スエード・ヌバックのお手入れ

スエード・ヌバックのお手入れ

 

 
 
なんとなく難しそうというイメージがある、革靴のお手入れ。
今回は、スエード・ヌバックの基本のお手入れをご紹介させていただきます。
スエードとは、革の「裏側」をヤスリのようなもので毛羽立てた毛足の長い革のこと。ヌバックとは、革の「表側」をヤスリのようなもので毛羽立てた毛足の短い滑らかな革です。
似ているようで違うこの二つの革ですが、お手入れ方法は一緒なんです。
 
 
 
step1. ホコリ・汚れ落とし
 

まずはスエード・ヌバック用ブラシのスポンジ面でホコリや汚れを落とします。
このときにいろんな方向からブラシをかけると、より毛の奥に入り込んだホコリなどをかきだすことができます。

 

スエード・ヌバック用ブラシ
裏面は生ゴムになっており、毛が寝て光沢が出てきてしまったところに使うと再び毛を起こすことができます。
 
 
 
 
step2. 保湿
 

スプレータイプの保湿剤で毛の奥まで栄養を届けます。
近くから吹きかけると、シミになってしまう可能性があるので30〜40センチほど離して、全体にまんべんなく吹きかけてください。
また、このスプレーには防水・防汚効果もありますので、靴をあまり汚したくない方はこまめにお手入れするのがオススメです。
 

栄養・防水スプレー
起毛した革にもスムースレザーにも使える、栄養・防水スプレー。栄養を与えつつ、汚れや水に濡れるのを防いでくれます。 
 
 
 
 
step3. 仕上げ
 

仕上げに、スエード・ヌバック用ブラシのゴム面を使って毛並みを整えます。
このとき同じ方向に向けてブラッシングすると、毛並みが整いキレイに仕上がります。
 
 
 
 
いかがでしたか?
スエードやヌバックは、意外と簡単にケアすることができるんですよ。
起毛しているので汚れは付きやすいのですが、こまめにブラッシングやスプレーをかけていただくと、キレイな状態が長持ちします。
もし実践してみてわからないことがあれば、いつでもお問い合わせくださいね。
 
 


その他の記事

戻る

pagetop