リトルストーリー
2018.10.23

さんぽびより #NakamuraEmiさん #中島ヒロトさん #1/2


 
NAOTスタッフが「一緒にお散歩したい!」と思った方と、ぶらぶら街を歩きつつ、話をしつつ、目に留まったものをパシャりと写真におさめていただくこの企画。
 
なんだか素敵なあのひとは、どんな景色を見てるんだろう?
どんなことにクスッとして、どんなことを呟くんだろう?
 
第4弾は、THE・大阪!な、南森町周辺(天神橋筋商店街)が舞台です。
大阪の音楽シーンを引っ張って来たラジオ局・FM802がある天神橋筋商店街は、街頭インタビューでもお馴染みの日本一長い商店街。
 
そんなディープな大阪を、強く芯のある歌声と歌詞が共感を呼ぶミュージシャンのNakamuraEmiさんと、FM802のラジオDJとして長年活躍されている中島ヒロトさんに、ぶらり歩いていただきました。
 
Nakamuraさんのデビュー前から彼女の才能に惚れ込み、ずっとファンだというヒロトさん。
 
秋の終わりに、仲良しなふたりがみつけた景色とは?
 
とりとめのない会話のなかにもゲストの日常が垣間見える…ような気がするお散歩トークの前編。
どうぞお付き合いください。
 
 


 

HP: NakamuraEmi
Twitter: @nakamura_emi

 


 

Instagram: @djhirotonakajima
Blog: 公式ブログ

 


 
 
 

 
 
ーー おふたりはよくラジオでも共演されていますよね。
 
Nakamura:ですね〜。デビューする前からラジオに呼んでくださったり、応援していただいて。会う度にもう、ぎゃ~!ってなってしがみついちゃうんですけど。
 
ヒロト:ぶら下がる感じね(笑)

 
 

△Nakamuraさんのインスタグラム(@nou.emi)より
 
 
ヒロト:Emiちゃんがインディーズのときからずっと歌が好きだったので、よくラジオにも来てもらってたんです。にしても今年はフェスとかライブとか本当に多いよね。
 
Nakamura:ありがたいですね〜。って呼んでいただいたことに感謝するんですけど、大抵いつも雨が降っちゃって…。
 
ヒロト:そうそう!今日のロケが決まったあともずっと言ってたよね、雨女だって。「え〜正直やだな〜」って思ってた(笑)
 
Nakamura:今朝も8時くらいに天気予報を見たらすごい曇りマークで焦りました。でもお天気もってよかった…!

 
 

 
 
Nakamura:ヒロトさんが大阪に来られたのは、ラジオのDJをするためですか?
 
ヒロト:そうそう。出身は熊本で、あっちでもそういう仕事をしてたんだけど、1994年に大阪に来ました。九州でもFM802は有名だったから、DJ募集してるっていうのを知って応募して、受かったのがきっかけですね。

 
 

 
 
ヒロト:最初は深夜3時からスタートする番組を担当しました。俺は一年でその番組の担当じゃなくなったんだけど、今も午前4時から午前6時の枠で番組は続いてますよ。すごいよね、もう夜か朝かわかんないよね。若手DJ、頑張ってます! 
 
Nakamura:すごい!大変ですね。
 
ヒロト:あと、最初は大阪人ってみんな面白いんだろうと思ってて、しかも自分は関西弁使えないしで、すげえ緊張してたからね。
 
Nakamura:そういえば今でもずっと標準語ですよね。  
 
ヒロト:こっち来てすぐに買い物した時、おつりが300円のところを、おばちゃんに「はい、300万円」って言われて、「まじでウルフルズだ!」って(笑)「すげえとこ来たな〜本当に言うんだ〜」って驚いた(笑)

 
 
ーー (関西人スタッフ)え!?関西以外では言わないんですか?
 
ヒロト: 言わないよ!すげえびっくりしたもん!でも半年くらいしたら、…言い方が難しいんだけど、関西人だからって、なんというか全員が面白いわけじゃないってわかってきて(笑)
 
Nakamura:(笑)
 
ヒロト:なんとなく、だったら俺は標準語のままでいいや、これで行こうって思えて。
 
Nakamura:なるほどね〜。

 
 

 
 
ーー 中村さんは神奈川県ご出身ですよね。
 
Nakamura:そう、厚木市です。神奈川って言っても全然都会じゃなくて、学生時代はパルコが唯一の溜まり場でした。
 
ヒロト:溜まり場(笑)俺が熊本にいた時はダイエーだったんだよね。
 
Nakamura:ダイエーあった!
 
ヒロト:ダイエーのフードコートみたいなところで他の学校の女の子と会ったりとか。
 
Nakamura:ひゃ〜懐かしい!あ、ヒロトさん、そこいいかもしれない。撮ってあげるね。
 
 

 
 
ヒロト:これ?ありなの?中島ヒロトが50円みたいになってるよ?
 
Nakamura:すごくいい!(笑)
 
 

 
 
ヒロト:俺、写真全然撮ってないのにEmiちゃんめっちゃ撮るじゃん…。
 
Nakamura:1/3くらい終わってますよ。
 
ヒロト:え〜俺まだ0枚だよ…。撮るの苦手なんだよな〜。
 
Nakamura:意外!

 
 
ーー Nakamuraさんは写真お好きですよね。
 
Nakamura:好きですね。フィルムで撮ったりとか。
 
ヒロト:まじで、すごいじゃん!お、これがよく行く弁当屋さん。
 
 

 
 
ヒロト:この鮭のやつが一番好き。こんにちは〜!WEBの取材してて。撮っていいですか?
 
 

 

 
 
ヒロト:初めて撮ったのが弁当っていう(笑)
 
Nakamura:しかも、いつも食べてるお弁当(笑)
 
中島:ありがとうございます!また来ますね〜。

 
 

 
 
ーー おふたりとも、料理はされますか?
 
Nakamura:好きなんですけど、別に上手くもなくて。超適当なんですよ。
 
ヒロト:何が得意?例えば俺に作るなら?
 
Nakamura:私が大好きな、ゴボウと、ひき肉と…あと青唐辛子とかがあったら最高。それを、味噌と炒めたやつ。なんていう料理かは知らないですけど(笑)ご飯に合わせて食べると美味しいですよ。
 
ヒロト:いいじゃん!
 
Nakamura:でもちゃんと計って料理するっていうことが全然できなくて。
 
ヒロト:できる人はいいけどさ、料理ができないとか、なんか味がうまくいかないって言う人ってさ…すっごい偉そうなこと言うと、「ちゃんと計って!」って思うんだよ。
 
Nakamura:え、ヒロトさん量って料理するの?
 
 

 
 
ヒロト:俺は毎日料理するわけでも、なんでも作れるわけでもないけど、するときはちゃんと料理本の通りに計りますよ。そしたらやっぱりめちゃめちゃ美味しいんだよ。
 
Nakamura:まず、本を見て料理するんだ!
 
ヒロト:たまにだからね。でも毎日料理する奥様とかはね…。
 
Nakamura:やってられませんっ!だって本当に大変なんですよ。私もお菓子作りだったらちゃんと計るけど、普通の料理は基本的に計らないから、毎回味が違う。家庭料理はそれでいいんですよ〜(笑)

 
 

 

 
 
ーー この辺りは古本屋さんと喫茶店が多いですね。
 
ヒロト:喫茶店は仕事でもプライベートでもよく行くんですけど、古本屋はあんまり行かないな…。待ち時間にフラっと入ることもあるんだけど、本、全然読まないから、すーっと何も手に取らず出て来ちゃうんです。
 
Nakamura:本、読みそうなのに。
 
ヒロト:ぜんっぜん読まないの。映画とかは見るけど。文字って、すごい影響を受けちゃいそうで。
 
Nakamura:影響ってお仕事に、ですか?
 
ヒロト:だってラジオで自分のことみたいに喋っちゃったら嫌じゃん!ニュートラルにいたいなって思うので。
 
Nakamura:なるほど。やっぱりそういうことも気にされてるんですね。
あ、食パン!私パン派なんですよ。
 
 

 
 
ヒロト:俺は食べたことないけど、美味しいらしいよ。
 
Nakamura:ちゃんと写真撮りました?
 
ヒロト:あ、全然撮ってねえや。
 
Nakamura:まだお弁当しか撮ってないじゃないですか(笑)

 
 

△つられて撮り出すヒロトさん
 
 

 
 
Nakamura:私も喫茶店はよく行きますよ。歌詞を考える時とか。家で一人でやってると、どんどん暗い方向に行くんですよ。
 
ヒロト:なんかわかる気がする(笑)
 
Nakamura:喫茶店に行って、横でサラリーマンの方とか若い女の子が喋ってるのをなんとなーく聞いて(笑)、インプットしたり気持ちを切り替えたりしてます。書かないと落ち着かないので、思いついたことはメモしたり。
 
 

 

 
 
ヒロト:俺は逆で、書かないようにしてるの。書くと読んじゃうから。
 
Nakamura:ラジオでってこと?え、メモ読まないんですか?
 
ヒロト:思いついたこと書き留めちゃうと、話す前に用意しちゃうというか構えちゃうんですよ。当日に話すトーク内容にあえて優先順位をつけないようにするために、メモはラジオブースに持って入らないようにしてるんです。

 
 

△Nakamuraさん「気持ち悪い!」 ヒロトさん「そりゃ気持ち悪いよ!」
 
 
ヒロト:何時までにこの内容を入れてくださいとか、事務的なお知らせとか、絶対読まないといけないことはメモして読むけど。
トークの部分は、書いた後にもっと面白いこと思いついたら悔しいじゃん。
 
Nakamura:そうなんだ〜!
 
ヒロト:あと、映画の試写会に呼んでもらったりもするんですけど、まだ誰も見てない映画の感想を言っちゃう、とかもすごく苦手で。俺が紹介した映画をもしリスナーさんがその日に見に行きたくなったら、すぐ行って欲しいんだよね。
 
Nakamura:「今すぐ見たいのに!」ってなっちゃいますもんね。
 
ヒロト:公開前に紹介してくださいってよく言われるし、気持ちはすっごいわかるんだけど、俺は必ず公開後に紹介してます。
 
Nakamura:こだわりだなあ〜。あ、ようちゃん!

 
 
ーー ようちゃん?
 
 

 
 
ヒロト:Emiちゃん、吉田羊さんと仲良しなんですよ。
 
Nakamura:ツーショット!送ってあげよう。
 
 

 

 
 
ヒロト:俺もちゃんと写真撮らなきゃな…。
 
Nakamura:ずっと言ってる(笑)

 
 

 
 
(話題はさらにそれぞれのご家族やお仕事のことへ…。後編はこちらから)
 
 


 

左/WISDOM Maple Brown 右/HEIDI Crazy Horse
 
 
 

 
 





その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop