リトルストーリー
2019.09.29

[インタビュー]さんぽびより #アチコさん #服部あさ美さん #1/2


 
NAOTスタッフが「一緒にお散歩したい!」と思った方と、ぶらぶら街を歩きつつ、話をしつつ、目に留まったものをパシャりと写真におさめていただくこの企画。
 
なんだか素敵なあのひとは、どんな景色を見てるんだろう?
どんなことにクスッとして、どんなことを呟くんだろう?
 
第9弾は、最先端のファッションが行き交う表参道〜外苑前周辺が舞台。
 
ハイセンスな街の中にある、味わい深くてどこか懐かしい路地裏の風景を、イラストレーターの服部あさ美さんと、Ropesのボーカルのアチコさんに歩いていただきました。
 
仲良しのお二人の何気ない会話の中から、どんどん出てくる共通点。
レモン味はなんでも好き、夜の表参道が大好き、ちょっと一緒にシャッフルダンスやらない!?
 
とりとめのない会話のなかにもゲストの日常が垣間見える…ような気がするお散歩トークの前編、どうぞお付き合いください。
 
 



OFFICIAL WEB SITE: Asami Hattori
instagram: @asami_hattori



OFFICIAL WEB SITE: achico
instagram: @kimidori_murmur


 
 
 

 
 
ーー はじめは、こちらです!SHOZO COFFEE STOREさん。
 
アチコ:ここか!へえ〜!
 
服部:SHOZOさんって、本店は栃木の那須のほうだよね。
 
アチコ:そうよね。ああ、お姉さんの笑顔がまぶしい。
 
服部:まさか、あちゃこ(アチコ)とお昼にカフェでお茶するとは…。
 
アチコ:大体いつも夜だもんね、ふたりでお酒飲んでさ。
 
服部:そうよ、それが今日は昼スコーンよ。なかなかレアだなあ。
 
アチコ:照れるね〜。
 
ーー ーーおふたりがお会いする時は夜が多いんですか?
 
服部:いつも夜だよ、「まずお酒買いに行こう!」って言って(笑)
 
ーー (笑)
 
服部:映画とか観る予定の時も、「じゃあ、飲みに行こう」ってなるよね。
 
アチコ:大体、お酒を買って、映画館入って…。
 
服部:カフェに行こうなんてまずないよね!
 
アチコ:ないない、ない(笑)
 
服部:「眩しい!太陽が!」みたいな(笑)
 
ーー 大人になると昼間に遊ぶって少なくなりますよね。
 
服部:うん…。気がついたら朝だった、はあるけど。
 
アチコ:(笑)
 
 

 
 
服部:どれいく?
 
アチコ:レモンケーキ!
 
服部:私も! そういえばあちゃこ、タイから帰ってきたばかりなんでしょ。最近多いの?海外でのライブ。
 
アチコ:そうねえ、去年からタイに連れて行ってもらえるようになって、今年で2回目なんだよね。私、それまで外国に行ったことがなかったから、海外経験が2回ともタイっていう。
 
服部:韓国あたりにも呼んでもらえそう。お洒落なライブハウスがいっぱいあるらしいし。
 
アチコ:そうそう、行ってみたいのよ韓国。Ropesのライブにちょうどいいくらいのサイズのアートギャラリーがいっぱいあるみたい。あさちゃん(服部)の個展といっしょに海外ツアーなんて、最高じゃない?
 
服部:うわ〜、やりたい。
 
 

 
 
服部:レモンケーキ、おいしい〜。
 
アチコ:やっぱり、レモン味はなんでも好きだよ。この間のタイで、レモンジュースの飲み過ぎで胃を荒らしてさあ…。
 
服部:何日くらい行ってたの?
 
アチコ:全部で5日、6日くらい。タイには、レモンサワーがないのよ。タイでレモンサワー売ったら儲かると思うんだよなあ…。私一番好きな飲み物、レモンサワーなんです。
 
ーー 全飲み物のなかで(笑)
 
アチコ:海外行って、最初になにが食べたくなるかな?って思ったんだけど、お醤油とかより、レモンだったのよね。レモンをかじるタイミングがどこにもなかったから、どんどん元気がなくなっちゃって。家でも大体の食べ物にレモンをかけて食べるくらい好きなんです。
 
服部:何にでもレモンかけちゃうの、ちょっとわかる。昨日、梅冷やしうどんにレモンかけて食べちゃった。
 
アチコ:ああ〜わかる、美味しそう。
 
 



服部:使い捨てカメラって、ズームとかないから、こうやって…。
 
アチコ:覗きながら、自分で寄っていく感じよね。
 
 

 
 
服部:噂によれば、あちゃこは最近朝型らしいね。朝どんなことしてるの?
 
アチコ:そうそう。朝、お弁当を詰めるのが趣味でね。脳の体操になる気がして。具は先に作っておいて、朝起きて、15分で詰めるっていうのやってる。
 
服部:ああ〜、それは早さが要求されるね。
 
アチコ:その日の自分の判断力がわかるような気がしてる。占いっぽいよね。
 
服部:占い?
 
アチコ:どんな具をどれくらい入れたかによって、その日の自分の調子が見えてくるというか、インスピレーションのような…。
 
服部:「あー今日はちょっと茶色くなっちゃったなあ」とか?
 
アチコ:うん。でも、常備菜を作る段階でお弁当に詰める時のことを考えるから、いろんな色のおかずを作るようになるんだよね。そうすると、他の時間帯の食事も、体にとってバランス良く出来てるんじゃないかと。
 
服部:ああ、それはいいねえ。
 
ーー アチコさんは、最近は朝に運動もされていると伺いました。
 
アチコ:そうですね!毎日15分だけジョギングしてます。
 
ーー ジョギングも15分なんですね!
 
アチコ:私、15分単位でしかできなくて。以前は楽器をあまり弾けなかったんだけど、ひとりでもライブしてみたいなと思って、2,3年前くらいからギターの練習をはじめたんですよ。それも、目が覚めたらすぐ15分練習するっていう習慣をつけてみたの。お弁当もそうだし…とにかく、起きて頭が意思を持たないうちにやるっていう。
 
ーー すぐやることがポイントなんですか?
 
アチコ:そう!朝起きてやれば、絶対15分できるから。
 
服部:すごい!集中力が持つの?
 
アチコ:うん。ギターのアルペジオ(※1)も、朝起きて15分やってたらできるようになったの。みんなにそれを言ったら、習得するの早い方だって言われた。だから、1日の中でたくさん時間をとってやるよりも、毎日ちょっとずつやる方が覚えるんじゃないかなと思って。
 
※1 アルペジオとは…和音を構成する音を、同時に鳴らすのではなく1音ずつ順番に連続的に発することで、リズム感や深みを演出する演奏方法のこと。
 
服部:はあ〜。継続だ。
 
ーー 何事も継続ですね…!尊敬します。
 
アチコ:たっぷりはできないんだよね、すぐ気が散るから。
 
 

 
 
アチコ:わたし、落ち着く友達に会うとよくわかるんだけど、友達の雰囲気というかキャラクターが、どこか「ちびまる子」ちゃんの登場人物っぽいんだよね。
 
服部:あっわかる!小学生の頃みたいな、純粋な気持ちで遊びができる大人の友達が好き。
 
アチコ:そう。あさちゃんも意外と、まる子タイプなんだよね。
 
服部:そうね!でも自分では、真の性格は「サザエさん」のカツオだと思ってるの。「姉さん!」みたいな。
 
アチコ:あっははは(笑) そしたら私は…なんだっけ、カツオの友達。
 
服部:あの、メガネの…。
 
ーー 中島くん?
 
アチコ:そう!それだ!
 
服部:あちゃこ、メガネかけてるときあるしね。
 
 

 
 
アチコ:遊びと言えば、最近ダンスを習いたいと思って。
 
服部:もしかして、シャッフルダンス?
 
アチコ:そう!
 
服部・アチコ:きゃ〜〜!すごい!一緒!
 
ーー シャッフルダンス(※2)って、何ですか?
 
服部:説明するのが難しいんだけど、結構ハイテンポで、ステップを踏んで踊るダンスなの。海外のヒップホップのパーティーピープルが、それを踊った動画をアップしてて、超かっこいい人がいて!すごい見ちゃう。それでひとりで練習してる。
 
※2 シャッフルダンスとは…テクノ・トランスミュージックやEDMなどをBGMに、ステップを中心としたフットワークで魅せるダンスのこと。
 
ーー 練習してるんですか!
 
アチコ:あれ出来たらかっこいいよねー。
 
服部:あちゃこと私でやる!?先生に教わってさ。
 
アチコ:そうそう!習いに行きたい!
 
 

 
 
服部:シャッフルダンスを独学で習得するのは、かなり根気がいると思った。
 
アチコ:私も家で、ちょっと照れながら真似してみたりするだけで楽しいから、習ってみたいと思って調べてみたんだけど、辿りつく先生がみんなイケイケの感じで…。
 
服部:そうなんだよね!「イェーイ!」みたいな感じで、ついていけないかも…と思っちゃって。最近ノーザンソウル(※2)が大好きでね、たまにヒップホップのステップで踊ってる人がいて、私はそこからシャッフルダンスのこと知ったんだよね。
 
※2 ノーザンソウルとは…1960年代後半に始まったイギリスのクラブカルチャーのひとつ。速いテンポの音楽とダンスが特徴。
 
アチコ:え、そうなの!
 
服部:その人がシャッフルもできる人で、超かっこよくて、なんだこれは!って衝撃を受けたの。そのときはシャッフルなんて言葉も知らなかったんだけど、だんだん調べていって。
 
アチコ:じゃあノーザンソウルを掘ってたからシャッフルにたどり着いたんだ?
 
服部:そうなのよ。

 
 

 
 


 
 
服部:お仕事では大体座ってるから、運動しないとって思ってさあ。でもジムとかにお金払って運動するのが嫌で、楽しんで身体動かして気がついたら筋肉痛!みたいな、一石二鳥が大好きでね。それで、どうせなら踊りたいなって…。
 
アチコ:ちょっと、習いに行こうよ~。ふたりだったら照れないで行けそうだよ。
 
服部:行ける!あちゃこだったら照れないで行ける。
 
アチコ:周りがみんなテンション高そうで、自分ひとりだと、私のような者が行ってもよいのだろうか、という気持ちになってしまうから…。
 
服部:ふたりだったら、大丈夫。
 
アチコ:そうだね!次回はそれだね!
 
服部:真顔だよ?そのときは。
 
アチコ:えっへへへ(笑)
 
服部:で、関係ないヒップホップのイベントに行ってみよう。荒らしにいこう。
 
アチコ::こういうところが、カツオくんだね。ぐいぐい引っ張ってくれる。どうする?私がRopesのライブでシャッフルはじめたりして。
 
服部:びっくりするよ!
 
アチコ:トディ(Ropesのギター・戸高賢史さん)が一番びっくりするだろうな~!

 
 
(>>>>>さらに話題はお二人の旅行計画まで!後編はこちらから)
 
 


 

左奥/CECILIA Matt Black 右手前/HEIDI Matt Black
 
 
 

 


その他の記事

一蘭へ戻る

カテゴリー

連載

pagetop